宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

月へ アポロ11号のはるかなる旅」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

月へ アポロ11号のはるかなる旅 作・絵:ブライアン・フロッカ
訳:日暮雅通
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年02月
ISBN:9784033482408
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,669
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 緊張感も伝わってきます。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳、

    絵本ナビのエディターズピックアップで知り、
    宇宙好きの息子と読もうと、図書館から借りてきました。

    アームストロング船長はじめ3人の宇宙飛行士たちが
    月を目指して地球を離れる姿、
    人類としてはじめて月へ降り立つ姿が描かれています。

    ロケットに乗り込んで、いよいよ発射するときの様子も。

    5歳の息子には難しい言葉もたくさんありましたが、
    細かく描かれた迫力満点の絵で
    月を目指す緊張感がビシビシと伝わってきます。

    宇宙船の中の様子や飛行士達の生活、
    そして月から見た地球の美しさ。
    思わずジーンときます。

    分かり易く迫力も満点で、
    とても濃い一冊でした。

    投稿日:2012/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「月へ アポロ11号のはるかなる旅」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット