宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いたいのいたいのとんでゆけ」 大人が読んだ みんなの声

いたいのいたいのとんでゆけ 作:新井悦子
絵:野村 たかあき
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012/1
ISBN:9784790252351
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,296
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 木版画の切り味

    作者のお子さんとの会話の中から生まれたというかわいいお話です
    転んでしまってイタイイタイと泣く子供に「痛いの痛いのとんでゆけ〜」はもうおなじみのおまじないです
    その痛いのが「小山のおにさん」に飛んでいったから、何も悪いことをしていないおにもたまりません
    痛みが和むお風呂に入れてくれる実は優しいおにに親近感を覚えます
    おだんごをお礼に送るところにも、これでもかという優しさを感じます
    木版画の切り口に味があって絵本が魅力的です

    投稿日:2012/06/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自作のお風呂に入れてくれる優しい鬼。笑

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    面白いお話でした。孫がおばあの痛いの痛いのを鬼に飛ばしたら鬼がやってきて、痛くされてはたまらぬと自作のお風呂に入れてあげ、2人はお礼に美味いの美味いのを飛ばしました。最後のページで鬼が自作の風呂の中で美味そうに団子を食べる姿がいいですね。

    投稿日:2015/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いたいのいたいのとんでゆけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット