どんどこどん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

どんどこどん 作:和歌山 静子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784834026801
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,470
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 野菜のパワー

    土のなかから、どん!と野菜が育ちます。
    どんどこどんどこ……どん!!!

    野菜たちの、生命力の力強さを感じられて、この、どんどこどんどこ、という言葉を口にするだけで、読み手も元気をもらうような気がします。

    おすすめです。

    投稿日:2017/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    土の中で育つ野菜が次から次へと出てきます。
    絵本の使い方がおもしろくて、たて方向に開いていく構成です。なのでごぼうや大根などが、本当に大きく「どーんと」描かれていて見ごたえがあります。
    何度も読んでいるうちに、娘は次に何の野菜が出てくるのか覚えるようになりました。
    理科の勉強にもなっていいと思います。

    投稿日:2014/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力強い!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    和歌山さんの力強い絵がお話に合っていてよかったです。
    土の中でどんどこと育つたくさんの野菜がつぎつぎと登場します。
    小さい子に読んであげるのにいいですね。
    子どもといっしょに土いじりがしたくなりました。
    こんな風に力強く野菜が育つと思うととても気持ちがいいです。

    投稿日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知る機会

    2歳の息子

    ちょうど近くの幼稚園のイベントで
    大根を抜いてきたばかりだったため
    興味津々!!!

    にんじ〜ん!
    ごぼう!
    大根!
    と嬉しそうに教えてくれます。

    なかなか実際こうなってるいると知る機会がないので
    なかなかいい絵本だな〜と思います。
    シンプルなのでもっと小さいお子様にもいいと思います。

    投稿日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどこどんどこ♪

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    つちのなかで どんどこどんどこ あら にんじん
    つちのなかで どんどこどんどこ ぽんぽん じゃがいも
    つちのなかで ・・・

    と 同じテンポで読み進むお話です。にんじん ジャガイモ サツマイモ等の根菜類が出てきます。縦開きで野菜がダイナミックに描かれています。食卓でよく見かける野菜が土の中でどんな風に実っているのかがよく分かります。食育にもつながる絵本でした。

    投稿日:2013/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力強さ

    つちのなかでどんどこどんどこ・・・土の上から
    土の中へと力強い線とはっきりした色で
    野菜の生命力が伝わってくる一冊です。

    普段はスーパーでみる野菜たち。
    畑で育った頃の姿をみる機会は、意識的に作らないと
    子どもの頃はなかなかないかもしれませんね。
    この本ででてくる野菜たちが畑では葉をつけ、
    いざ目にしている部分は土の中にあるということがわかります。

    畑で野菜を見たときに、表から見えるところではなく、
    見えない部分はどうなっているのか考える力になりそうです。

    長くない内容なのでリズムにのって繰り返し楽しんでいます。

    投稿日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいですね〜 最高!

    どんどこどん  土の中でそだつ 野菜たちが 嬉しそうに生き生きしているのがすてきですね〜
    子供たちも お母さんたちも みんなの顔が ほころびます
    みんなの おなじみの野菜ですからね〜
    ことばの 響きも リズミカルで 歌うように 

    いいですね〜 最高に!
    あっかんは 白い大根でした!
    おいしそう!
    裏表紙の 野菜の切り口にも 作者の優しさが感じられました!

    【事務局注:このレビューは、「どんどこ どん」こどものとも年少版 2008年10月号に寄せられたものです。】

    投稿日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 軽快なリズムで!

    まず土の上のイラストがあり、次の見開きで土の中が描かれています。
    それが、とってもリズミカル。
    息子は自分でページをめくって読んでいます。
    「どんどこ どんどこ」のフレーズはタイトルの「どんどこ どん」になっていますが!?
    「あら にんじん」「わっ さつまいも」などのフレーズは、
    抑揚をつけて言うので、聞いている私は、思わず笑ってしまいます。

    イラストには、とっても迫力があって、どんどこ どんどこ育っている
    感じが伝わってきます。それが子供心を刺激したよう。
    東京に住んでいると、なかなか畑で野菜を見る機会もないので、
    絵であれ、野菜が育つシーンを見せられたのも良かったですね。

    とっても薄い本なので、外出にも便利。
    「おやおや おやさい」と共に、バッグに入れて持ち歩いています。

    【事務局注:このレビューは、「どんどこ どん」こどものとも年少版 2008年10月号に寄せられたものです。】

    投稿日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どんどこどん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / わたしのワンピース / おててがでたよ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。


今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

全ページためしよみ
年齢別絵本セット