新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

どんどこどん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

どんどこどん 作:和歌山 静子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784834026801
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,462
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 野菜の力強さ

    市のブックスタート事業でこの本を頂きました。
    野菜たちが力強く描かれていてパワーを感じます。
    「どんどこ」のリズムにのってテンポ良く読み進められます。

    葉っぱしか見えない畑の上、土の中にはどんな野菜がかくれているのかな?
    私が読んで、息子が何の野菜か答えて、というふうに一緒に楽しむと、
    野菜が畑でどんな風に育っているのか興味を持ってくれるんじゃないかと思います。

    絵が赤ちゃんぽくなくしっかりしているので、長く楽しめます。

    投稿日:2014/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • この葉っぱは……なんだーー

    オトナでも畑をやったことがない人は、「この葉っぱはなんの野菜?」と不思議顔。もちろん、4歳の息子も最初は??でしたが、一回読んだらすっかり覚えて「じゃがいも!」「里芋!」「ごぼう!」とまるでクイズのよう。

    シンプルでダイナミックな絵は、野菜の力を見ているよう。息子には実際に畑でいろいろな野菜が育っていく様子を見せてあげたいなと思います。

    投稿日:2013/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルに惹かれて

    どんどこどんというタイトル、それに惹かれました。

    縦にめくっていく絵本で、土の中から

    何が育っているのか考えながら読める絵本でした。

    さといもだけがちょっとわかりにくかったようですが、

    一度読めば覚えるので、正解したいがために

    もう一回読んでとせがまれました。

    小さい子向けなのであっという間に

    読み終えてしまいますが、とっても見ごたえがありました。

    大きな声を出して楽しく読んでほしいです。

    【事務局注:このレビューは、「どんどこ どん」こどものとも年少版 2008年10月号に寄せられたものです。】

    投稿日:2013/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どんどこどん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / わたしのワンピース / おててがでたよ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

全ページためしよみ
年齢別絵本セット