新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで」 大人が読んだ みんなの声

時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで 作・絵:香川 元太郎
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2005年03月22日
ISBN:9784569685328
評価スコア 4.78
評価ランキング 513
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 珍しい

    何だか珍しいタイプの迷路で時代をいろいろ体験できるのがすごく面白いかもと思いました。昔に興味のある子供にはとってもはまってしまう迷路だと思います。そうでない子でも、遊びながら自然と時代に関しての知識が身に付く感じですごく良いと思いました。

    投稿日:2023/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路シリーズ1作目

    迷路や隠し絵を楽しみながら、クイズに答えてお勉強もできてしまう香川本太郎さんの「迷路シリーズ」。大人のわたしがハマってしまい、シリーズをいろいろ読んでいます。
    こちらが第1作目。現在の日本の風景から始まり、次のページは恐竜時代へタイムスリップ。そこから縄文時代、弥生時代……と時代を旅します。
    細かいところまで追うとかなりの時間を要しますが、いろいろ勉強になりますね。一場面一場面でその時代に想いを馳せ、自分もその場にいるような感覚を味わえました。

    投稿日:2022/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路むずかしいな

    子供用のめいろはむずかしく感じました。

    どこが通れるのかなかなかわかりにくいなと感じています。
    こどもはたぶんかたちとしてとらえているのか?

    こどもの方が早かったです。

    当方はすごく時間がかかってしまい笑われてしまいました。
    こどもの感覚には負けますね。

    投稿日:2020/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろ迷路

    楽しめて、いつの間にかお勉強もできて…すごい迷路絵本です!時代ごとに迷路になっているのですが、隠し絵やクイズなどほんとに盛りだくさんの内容なので全然飽きさせません。シリーズでいろいろと出ているので他のものも読んでみたいと思います。お出かけにはポケット版がいいなと思いました。

    投稿日:2020/07/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歴史の迷路でお散歩気分

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    迷路をたどっていくと、自分もその時代の人になったようで、当時の風景をながめながら先へ進みました。
    迷路以外の設問も楽しめました。
    かくし絵はページの絵に溶け込んでいて、探すのに手間取りましたが、見つかる時は突然見えてくる感じで、面白い体験でした。

    投稿日:2020/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな時代を旅が出来ます

    全頁試し読みで読みました。いろんな時代を旅が出来るし、クイズも楽しめるから、購入して手元に置いて、ゆっくりと遊びたい絵本だと思いました。迷路遊びだけでなくて、時代を旅するなんてとても素敵だと思いました。

    投稿日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷い込んでしまったよう!

    シリーズの中で、1番好きな巻です。

    特に、氷河時代の迷路はインパクトがありました。
    まるで本当にその時代に迷い込んでしまったような気持ちです。

    とても細かく描かれており、色彩が豊かなので
    ぼんやりと眺めているだけでも、楽しめます。

    読むたびに いろいろな発見がありそうな絵本です。

    投稿日:2015/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります!

    この迷路絵本シリーズ,迷路遊びなど遊び心満載の絵本ですが,それだけではありません。
    イラストも見応えあり,「時の迷路」だけあって勉強になります!
    昔の日本を知る上でも日本史に触れる上でも役に立つと思います。
    恐竜時代,氷河時代,縄文時代,弥生時代,古墳時代,奈良時代,平安時代,鎌倉時代,戦国時代,江戸時代,そして時の回路。
    こんな絵本が学生時代にあったら,もっと日本史にも興味が持てたかも〜なんて大人の私は思ってしまいました(笑)。
    子供に購入したいですね。

    投稿日:2015/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路しながら歴史勉強

    迷路の好きな息子に、私が図書館で借りてきた本でした。

    息子は、やっぱり大喜びでした。
    基本は、迷路なんですが、ただの迷路絵本じゃなかったんです。

    難しい迷路・隠し絵・クイズまで・・・
    そして何より、迷路しながら知らず知らずに歴史に触れている事。

    嬉しい誤算がいっぱいでした。

    こちらの本は、恐竜時代〜江戸時代まで。
    「続・時の迷路」は、明治〜昭和まで。セットで購入したいです!!

    投稿日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりこになります

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    恐竜時代から江戸時代までを時代ごとに迷路にして、次の時代の扉まで進んで行く・・・

    子どもって「迷路」が好きですよね
    どんなにちょっとしたものでも、指でなぞって出口まで進めていく姿・・

    おまけに、「かくしえ」を探すイベントもあり夢中になってしまいます
    大人の固定観念は色々な物を差はしにくくしているのが良くわかります

    大人も頭を柔らかくする意味でぜひ挑戦してみると良いです
    とりこになります・・・

    投稿日:2011/09/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのてんぷら / じゃあじゃあびりびり / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(54人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット