話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

おかあちゃんが つくったる」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おかあちゃんが つくったる 作:長谷川 義史
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年04月26日
ISBN:9784061325043
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,888
みんなの声 総数 52
「おかあちゃんが つくったる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • がんばれ、おかあちゃん!

    なんか、泣けてしまった。
    これは、子どもというよりも、大人が泣ける本だと思う。
    お父ちゃんがなくなって、おかあちゃんはミシンでものを縫う仕事をしている。
    そのおかあちゃん、ミシンでなんでも作ってくれるのだけれど、それがちょっとだけズレてるところがかわいらしい。
    なんでもミシンで作ってくれるおかあちゃんに、「なんでも作れるなら、おとうちゃんをつくってくれ」とつい口走ってしまったぼくと「おかあちゃんのミシンでも、おとうちゃんはつくられへんわ」
    というおかあちゃんの言葉にほろり。
    でも、そのままでは終わらなかった、このおかあちゃんのたくましさ、明るさに乾杯!
    がんばれ、おかあちゃん!と応援したくなるお話です。

    投稿日:2013/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかんの力

    長谷川義史さんの家族ものは
    いつも何かを期待させます。

    今回の主役はお母さん。
    それもこてこての大阪の「おかん」という馬力あるキャラクターに圧倒されます。
    そして、全編に流れる
    「母の愛」と「それをなかなか受け止めきれない子供の事情」
    どちらの気持ちも、うなづくものがあり
    切なさの中にも、じんわりした温かさを感じる
    期待を裏切らない一冊です。

    投稿日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なおかあちゃん

    7歳の息子は「いい話やね。」と言ってはいたものの
    心に響いたというほどではなさそうでした。
    グッときてしまい、なみだ目になったのは
    母親の私と父親の旦那でした。

    亡くなったお父ちゃんの分まで明るく頑張るおかあちゃん。
    いつでもおおらかで、どーんと構えてるおかあちゃん。
    そんなお母ちゃんに
    「お父ちゃんを作ってぇや。」と言って悲しませてしまった僕。
    言った後の 『ごはんがすなのあじになった』
    の一文が僕の気持ちをよく表していてとても切ない。

    でも、ラストは、おかあちゃんの可愛い行動に
    とてもほのぼのします。

    投稿日:2012/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おかあちゃんが つくったる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

全ページためしよみ
年齢別絵本セット