おさんぽ くろくま おさんぽ くろくま おさんぽ くろくまの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
ちょっとおとぼけ、いつもワクワク♪ 黒いくまのくろくまくんの絵本が誕生して、10周年を迎えました!

だいじょうぶだよ、ゾウさん」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

だいじょうぶだよ、ゾウさん 作:ローレンス・ブルギニョン
絵:ヴァレリー・ダール
訳:柳田邦男
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784894234383
評価スコア 4.79
評価ランキング 375
みんなの声 総数 62
「だいじょうぶだよ、ゾウさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だいじょうぶだよ

    • マキにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、女の子5歳

    絵本というのは、そのときどきの自分の気持ちが投影されていると感じることがあります。
    これはまさにそう感じる一冊。

    息子がこの本を読み終えて一番に言った言葉は「ネズミさんもいっしょに行ったらいいやん。」でした。ほんと、そうできたらいいのにね。

    息子と娘も、このネズミさんのように、心もしっかり成長しますように。自分のことより、人の幸せを考えられる大人になりますように。心からそう願わずにはいられません。
    私も、子どもがそっと手を離すそのときまで、このゾウさんのように、一番近くで見守っていけたらなと思います。そのときまで、このゾウさんとネズミさんのように、いつもわらってたのしいときをすごせたら、とても幸せです。

    それ思うと同時に、ゾウさんは、ネズミさんに迷惑を掛ける前に、ゾウの国へ行きたかったのかなとも思いました。
    今の世の中、医学が進歩し、人間の寿命が飛躍的に伸びています。でも、目も悪くなり、痴呆もはいってしまって、日々を楽しめないまま、施設で暮らしている義祖母を見ていると、また、その義祖母の介護をしている義母を見ていると、あまり幸せだとは思えません。いたずらに生を伸ばすことが、本当の幸せだとは言えない。
    読み終えた後、ただ単純に感動したとは言えない複雑な心境でした。
    でも、ところどころで、ゾウさんとネズミさんを見ていた黄色いトリさんが、ネズミさんと何だかお互い恥ずかしそうに出会うラストシーンには、心が温かくなりました。

    投稿日:2016/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だいじょうぶだよ、ゾウさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / としょかんライオン / チリとチリリ / にじいろのさかな / どんぐりころころ おやまへかえるだいさくせん / ぼくはちっともねむくない

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット