話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり

シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる 作:おくはら ゆめ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2012年05月01日
ISBN:9784494007592
評価スコア 4.55
評価ランキング 6,633
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あたたかい気持ち

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子2歳

    夜中に活動するシルクハットぞくのお話。その活動の中身とは・・・。
    シルクハットをかぶっているとなると、なんだか不思議でちょっと怖い感じがするのですが、彼らの活動はとてもかわいいのです。なんと、寝ている人たちの布団をちょっとだけかけなおしてあげるのです。なんて、かわいらしい行動!しかも、絵をよく見ると、本当にちょーっとだけかけなおしているんです。
    温かい気持ちになれました。寝る前に読みたい絵本です。

    投稿日:2017/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • だんだん、じわじわと…

    • とんえほんさん
    • 40代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子10歳、女の子8歳、男の子6歳

    最初読んだときは、???という感じでした。
    子どもの反応も、イマイチ。

    でも、これは後からきます。
    しかも、子どもにはわからない、大人ならではのじわじわ感というか。

    初めてでは気付かない、何度か読むと、味わい深い、そんな絵本ですね。

    サンタクロースのように大々的ではないけれど、みんなを幸せにするシルクハット族。
    最初は「なにこれ?」的な反応だった子どもたちも、これを寝る前に読むとちょっとわくわくしながらも眠りにつけるようで、気に入ったようです。

    投稿日:2016/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふんわりあったかくなります

    シルクハットぞくがよなかのいちじに何をしにやって
    くるのかと言ったら・・
    ちょっとだけふとんをかけなおしてくれるためにやってくるのですね。
    毎晩、こまでもごろごろころがっていって、おふとんの中にはいない
    娘の様子にやきもきしている母としては、読んでいてふんわりあった
    かい気持ちになりました。
    シルクハットぞくに私の心のおふとんもかけなおしてもらったみたいに。
    「ちょっとだけ」っていうのがいいな。押し付けがましくなくて
    眠っている人も起こさず去って行く感じがして。
    シルクハットをかぶっているっていうのもおしゃれで素敵。
    きっと粋な人々なのだろうな。
    娘がごろごろ転がっていても、これからはあまり心配しないように
    します(笑)。

    投稿日:2013/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぼちぼちいこか / がたん ごとん がたん ごとん / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット