まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

しにがみちゃんの ほねほねじま うたうたのたび」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

しにがみちゃんの ほねほねじま うたうたのたび 文:川北 亮司
絵:中谷 靖彦
出版社:くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年06月08日
ISBN:9784774319643
評価スコア 4.27
評価ランキング 16,782
みんなの声 総数 14
「しにがみちゃんの ほねほねじま うたうたのたび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人も挑戦!言葉遊び

    『しにがみちゃんのほねほねじまうたうたのたび』
    読み聞かせのはじめに題名を読み上げるところから、もう言葉遊びは始まっているんですね。

    ちょっと強気な女の子しにがみちゃんが、ほねほねじまのガイコツさんから手紙をもらいます。でもその内容がサッパリわからなくて、途中で出会ったおばけぼうやを無理矢理巻き込み、ガイコツさんに直接会いに行くことに…。

    道中で出会うばけねこひめこやつむじい・うみぼうずなど、出てくるキャラクターもユニークな顔ぶれです。
    言葉遊びの歌もボリュームたっぷりで、中には舌がもつれそうになるものもありますが、うまく読めると大人でもとても嬉しいですよ(笑)
    かわりばんこに読んだり、お母さんの後に今度はお子さんが声に出して読んでみるのもおすすめですね。
    これまで言葉遊びの絵本はあまり手に取ったことがなかったのですが、意外な面白さに気づかせてくれる一冊でした。

    お話のラスト、しにがみちゃんがガイコツさんに「なんでこんな読みにくい手紙出したのよ!」と怒らないか少し心配になりましたが、読み終わって背表紙を見てみると…まんざら悪い気はしなかったのかな?とにんまりしてしまいました。

    投稿日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しにがみちゃんの ほねほねじま うたうたのたび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット