宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はなび ドーン」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

はなび ドーン 作:カズコ・G・ストーン
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2012年06月20日
ISBN:9784494001774
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,287
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はなびがいっぱい

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    花火がどんどん打ちあがります。
    いろんな花火が登場し
    鮮やかで楽しい気持ちでいっぱいになります。

    音もリアルで
    読み手が結構がんばってしまいます(本当に近づけようと・・)
    黒いページとのコントラストがとても花火を生かしていると思います。
    きれいな絵本です

    投稿日:2014/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 視覚的でおもしろい

    5歳1か月の息子に読んでやりました。5歳児にはつまらないかな?と思いましたが、絵本とは思えないほどリアルに打ち上げ花火が表現されていて、なかなか見応えがありましたね。絵と音で打ち上げ花火が表現できるんだ・・・とちょっと驚き。赤ちゃんにはきれいと映るのでしょうが、打ち上げ花火を見たことがあるお子さんなら、それをどこでも再現できるものとして、楽しむことができる一冊だと思いますよ。

    投稿日:2012/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 圧巻!!

    どのページも主人公は打ちあげ花火。
    本のサイズはちいさめですが、迫力はすごいです。
    シューと尾を引いて夜空に舞い上がっていき、それからはじめの花がひらいて、大輪がパーンとページいっぱいに描かれています。
    黒色のバックに色鮮やかな花火がよく生え、最後の花火は圧巻です。
    娘とふたり、夏休みに見た花火を思い出し、綺麗だったね。こんな花火もあったねと、会話に花が咲きました。
    ハートやホシ、にこちゃんマークの花火も最近は定番ですよね。

    やっぱり、夏に読みたい絵本です。

    投稿日:2012/09/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はなび ドーン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / いないいないばあ / もったいないばあさん / ノンタンはみがきはーみー / おやおやおやつ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット