くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

105にんのすてきなしごと」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

105にんのすてきなしごと 文:カーラ・カスキン
絵:マーク・シーモント
訳:なかがわ ちひろ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年06月
ISBN:9784751526934
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,503
みんなの声 総数 12
「105にんのすてきなしごと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 準備の大切さ

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子13歳、男の子10歳

    105人が集まってなにするのかな?

    小5の息子の第一印象。

    読み始めてみると、
    105人の丁寧な準備の様子が切々と描かれていました。
    時に面白く、時にシンプルに。

    息子は
    燕尾服ってなあに。
    この人ひげそらないヒト。
    2人の人物に注目していました。

    さて、105人が集まったところは、
    オーケストラのコンサート会場。
    開演までのワクワクした気持ちが伝わってきました。

    3人の楽器を持たない人たち?
    隅々まで興味を引きます。
    舞台上の様子が、105人の側から描かれていたのも面白かったです。
    位置が逆じゃない?
    と息子が興味津々でした。

    高貴な空気の香る絵本です。
    高学年でも楽しめます。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「105にんのすてきなしごと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



細田守監督&tupera tuperaさん対談インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット