宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

みんなのはなび」 大人が読んだ みんなの声

みんなのはなび 作・絵:おくはら ゆめ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年07月10日
ISBN:9784265081189
評価スコア 3.89
評価ランキング 34,281
みんなの声 総数 18
「みんなのはなび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こういう意味でみんな″のはなびだったんですね。
    花火は、音を聞いて、目で見て、ズーンと体で感じるものですよね。
    真下で見ているときなんか、火薬のにおいが鼻まで刺激してくれて。

    こちらの皆さんは、目に来ちゃったんでしょうねぇ〜。
    タヌキのボーちゃんのアップ最高です。
    初めての花火だから驚きもひとしお。
    おもらしもわかる気がします。
    そして、ボーちゃん感動の段階へ。
    さらに興奮は、ボーちゃんを花火と一体化させ、彼だけでなく、みんなに移って、・・・・・・。

    いや〜、興奮してはじけちゃったって感じ、わかります。
    子どもの頃、花火大会の夜はなかなか眠れませんでしたもの。

    投稿日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • ひかる目

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    みんなで花火を見ている動物たち。
    花火を見ていると目が光って…。
    なんだか予想外な展開なお話でした。
    ふしぎなお話ですね。
    花火ってあがるとやっぱり見てしまいます。
    目が光ると面白いことが起こる…かも(笑)。
    本当にこんな風になったら本人もまわりもびっくりですね。

    投稿日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • だ、だ、だ、大丈夫?!

    迫力のあるイラストで、花火が大胆に描かれています。
    冒頭の、タヌキのボーちゃんと うさぎのうっちゃんのやりとりに思わず「プププ」!
    うっちゃん、大人だなあ・・・(笑)

    みんなが花火になってしまう場面では、思わずドキッ!!!

    だ、だ、だ、大丈夫?!
    なんて心配するあたり、自分は大人になってしまったんだなあって寂しく思ったり・・・。

    ですが、絵の迫力に圧倒されて 最後には
    「きれいきれい!!みんな花火になっちゃってもいいか!!」
    と、思わず便乗してしまいました。

    花火を見たときのあの気持ちが蘇りました。

    投稿日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • びっくり!

    思ってもみない展開に、読みながら、びっくりしました! おくはらゆめさんの絵本は、いい意味でいつも予想外で、わくわくします。突き抜けた感のある、思いっきりのいいお話にぴったりの迫力のある絵で、今まで見たことのないような印象に残る花火を楽しめました。

    投稿日:2019/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しく描かれた花火と・・

    八月にぴったりな花火の絵本。
    色彩も、薄暗い墨色っぽいバックの中に浮かび上がる花火の色とのコントラストがきらきらしていて鮮やかで夜空に浮かび上がる様子が伝わってきます。
    花火の大きさ、音の大きさ、臨場感が溢れています。
    感動したみんなが花火になってしまう場面も幻想的で素敵です。

    あまりにもの感動で、おしっこをもらすっていう行動は犬にもよくあるし、なんとなく理解できます。
    でも、4,5歳の子どもって、花火の絵本として聞いていたにも関わらず、多分、この次のページからはおしっこもらしたタヌキにばかり目が行ってしまうと思うのです。
    「おしっこ」このワードだけで笑えるのが子どもですから。
    それがおしっこもらした!となって、次のページもそのまた次も・・みんなでおしっこ漏らしたページまであるので、多分綺麗な花火の感想よりも
    「おしっこ漏らしたね」という印象が強くなってしまいそうな気がしてしまいました。
    私的には、花火がとっても美しい絵本なので、最後まできれいな花火だけの印象で終わりたかったなーというのが正直な感想です。
    美しく描かれた花火のストーリーとおしっこがどうも似合わないようななくてもよかったような。そんな気もしてしまいました。

    投稿日:2017/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏はなんといっても 花火 きれいで感動しますね!

    はじめて花火を見た たぬきのボーちゃんは おしっこもらすほど
    感動して ずっと見つめていると  なんと 自分も花火になっていました
    ボーちゃんの花火 きれい! たぬきの かわいい花火

    ウサギや カエル コマドリまで ボーちゃん花火を見ていて 花火になると言う お話の展開  

    なんだか あこがれると こんな気分になるんだな〜  
    そんな 夢のある 絵本でした

    花火きれいでした

    投稿日:2013/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • あしっこをもらさなくてもいいかな〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    おくはらさんの絵は好きですが、この絵本はとっても個性的でした。
    感性だけで描かれているようなので、ストーリー性はあまりないように思います。
    登場する動物たちも可愛いし、動物たちが花火のように光ってしまうというせっても楽しそうですが、「おしっこ」を漏らさなくてもよかったかな〜と、思いました。

    投稿日:2012/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 花火と同化

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    内容を読むと題名に納得です。
    花火を目撃した動物たち。
    タヌキのボーちゃんをはじめ、みんな、花火の迫力に感動、
    ずうっとながめているうちに、自分たちも花火に同化、
    と、かなりシュールな展開です。
    絵のインパクトや展開から、好き嫌いが分かれそうですが、
    花火の魅力は体感できそうです。
    ラストでは元通りになって、ほっと一安心しましたが、
    花火の余韻の感覚を思い出して、思わず納得してしまいました。   幼稚園児くらいがストライクゾーンだと思います。                                                 

    投稿日:2012/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「みんなのはなび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(18人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット