しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

羅生門」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

羅生門 文:日野 多香子
絵:早川 純子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年09月07日
ISBN:9784323072456
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,304
みんなの声 総数 5
「羅生門」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  『羅生門』と言えば、芥川龍之介の『羅生門』が有名ですよね。でもあの『羅生門』は私には怖くて、読後感も悪かったような印象があります。
     日野多香子さんのこの『羅生門』は図書館で表紙に惹かれ、読んでみましたがじーんときました。読みごたえがあり、いい本に出会えたと本当に思い、さっそく購入しました。
     人は環境によって、どんどん変わっていく。それは良くも悪くも。そして根っからの悪人はいない。出会う人によっても人は変わることができる。そんなことを教えてくれたように思います。

     やむを得ず別れなくてはならなかった母とゆきまろ。幼いゆきまろが出会ったのは盗賊の親分。盗賊の仲間に入り、悪いこととは知りながらも盗みをしなければ生きていけなかったのです。自分の面倒をみてくれた盗賊たちにもそれぞれ悲しい過去があったようです。その盗賊たちが捕らわれ、処刑されたのちは、もう悪いこととは思わなくなってひとり盗みを続けます。人としての心も母の形見も手放した時、ゆきまろは鬼に。
     そんなゆきまろの次の出会いで、ゆきまろは人としての心を取り戻し、母の形見も手に戻し、成長していきます。老人の優しさ、にぎりめし、手が鬼を人に戻せるのですね。そのたくましく生きる姿を偶然に目にした母はさぞかし感謝し、安心したことでしょう。声をかけなかったことがそれをすごく物語っていたように思います。
     読後感がよく、本当に皆に勧めたい本に出会えました。5年生に読みました。

    投稿日:2012/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「羅生門」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はじめてのおつかい / どうぞのいす / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / バムとケロのそらのたび / バムとケロのにちようび / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット