もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

いぬのおしりのだいじけん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

いぬのおしりのだいじけん 文:ピーター・ベントリー
絵:松岡 芽衣
訳:灰島 かり
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年06月25日
ISBN:9784593505425
評価スコア 4.4
評価ランキング 10,862
みんなの声 総数 14
「いぬのおしりのだいじけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 犬のおしりが脱げるなんてとんでもないけれど、豪華なパーティにおしり丸出しでは失礼だろうと、妙に感心してしまった私は、確かに犬はお互いにおしりを確認する姿は、自分のおしりを探しているように見えると、作者の目のつけどころに納得してしまったのです。
    おしりを拾えなかった犬はいなかったのでしょうか?
    おしりがなかったら大変だよねと、心配までしてしまいました。
    こんな話をしたら、間違いなく馬鹿にされますね。

    投稿日:2017/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちのこも・・・

    • こりえ♪さん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳

    読み始め、いきなり疑問です。
    なになに?おしりをぬぐってどういうこと?どこから??
    あっ、その一部ね。フムフム…と思いつつも、
    読みながらずっとずーっと気になっていました。
    なんでおしりを預けているの??って。
    ラストで納得。そういうことだったのね。笑

    犬が好きな人にはきっと面白さ倍増な1冊だと思います。
    我が家にも犬がいるので、娘は興味津々。
    いろんな犬が登場し、いろんなパフォーマンスを見せてくれる。
    それだけでワクワクしているようでした。
    読み終わってしばらくは、我が家の犬のおしりが気になってしょうがない娘。
    あのおしりも本当は…なんて顔で見ていました。

    投稿日:2012/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「いぬのおしりのだいじけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おたのしみ じどうはんばいき / いのちのまつり おかげさま / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おばけのバーバパパ / とんことり / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット