宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュ」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュ 作:宮沢 賢治
絵:さとう あや
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\1,500+税
発行日:2012年10月
ISBN:9784895881289
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,403
みんなの声 総数 32
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さいころ、大好きで何度も読んだ宮澤賢治の本。特にミキハウスのこの絵本はさとうあやさんの現代的な絵とダイナミックなコマ割で、今の子供にも、より読みやすくなっている。
    まるで音が響いてきそうな美しく幻想的な世界は宮澤賢治ならでは。さらに、さとうさんの素朴なタッチが動物たちの個性を大変魅力的に描きだしている。
    名作「セロ弾きのゴーシュ」の一つのテーマである、動物との出会いを通じてゴーシュが変化していく“ふれあいの温かさ”が、この絵本では更に深まって感じられる。これは、作家と画家との時空を超えた共演ではなかろうか。

    投稿日:2015/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • セロ弾きのゴーシュ

    この絵本はなかなか面白い。

    何度も何度も読んだことがある。

    そのたびになにか発見している。

    夜、練習していると、いろいろな動物がやってくる。

    そして、一週間が過ぎるころには、チェロもなかなかのものになっている。

    面白いです。

    投稿日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「宮沢賢治の絵本 セロ弾きのゴーシュ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット