新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ

ひとつぶのもりのたね」 大人が読んだ みんなの声

ひとつぶのもりのたね 作:千世 繭子
絵:高野 紀子
監修:富田 京一
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年09月
ISBN:9784577040416
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,142
みんなの声 総数 6
「ひとつぶのもりのたね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 命の再生

    うたうたいのおばあさんが住む森に異常気象の為、今年は

    どんぐりが1つしか育たなかった。おばあさんが、懐かしがる

    故郷へ、りすが、動物たちの協力を得て無事にどんぐりを土に

    埋めることが出来ました。”命の再生”を森を愛する動物達と

    成し遂げた癒されるお話でした。動物達の描写や、風景もとても

    素敵に描かれてました。

    投稿日:2019/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵をたっぷりと楽しみながら

    動物たちの姿が、優しいタッチで描かれています。

    毛まで一本一本丁寧に書き込まれており、
    動物の柔かい手触りが
    ページを通して伝わって来るようです。

    文字が多めですが、
    絵をたっぷりと楽しみながら
    マイペースに読むことが出来ました。

    巻末には、登場する動物の解説も掲載されているので
    より一層理解が深まりそうです。

    投稿日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかえりなさい

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    みのりのえほん4。
    会津の雄国山麓の「おぐにっぷ」という農園での生活から生まれたストーリー。
    秋、森の異変を感じたリスは、誰かの声を手がかりに、
    老木に出会います。
    その老木は、昔はここではない、沼や山の近くで育ったこと、
    山火事で燃える中、鳥がドングリを運んでくれて、生き延びたことを話します。
    次の日の大嵐でとうとう倒れた老木の遺志を遂げるため、
    リスはウサギたちと協力しながら、老木のふるさとを探し出すのです。
    丁寧に描かれた動物たち、山里の情景がそれはそれは美しい作品です。
    命のつながりもそっと教えてくれます。
    巻末には、それらの動物たちや木々の解説もきちんと掲載されていて、
    ちょっとした自然観察の学びにもなります。
    作者自身の生活体験で感じ取ったリアリティだからこそ、伝わってくるものがあります。
    素敵なドングリストーリーです。

    投稿日:2012/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ひとつぶのもりのたね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おばけのバーバパパ / ぐりとぐらのかいすいよく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット