こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本

小さいのが大きくて、大きいのが小さかったら」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

小さいのが大きくて、大きいのが小さかったら 文:エビ・ナウマン
絵:ディーター・ヴィースミュラー
訳:若松 宣子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2012年09月27日
ISBN:9784001112337
評価スコア 4.36
評価ランキング 11,921
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 立場が逆転!

    ネズミの空想のお話です。
    もし小さいのが大きくなったらって考えるだけで勇気がでるね。

    ネズミが猫より大きくなったら…
    ミミズが雄鶏より大きくなったら…
    芋虫がキツツキより大きくなったら…
    いつもの立場が逆転。
    ハエが大きくなった所は気持ちが悪い位リアルに描かれていました。

    絵も見やすいし、読み聞かせにもいいかもしれないと思いました。

    投稿日:2019/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な空想

    小さなネズミが「もし・・・が大きくて、・・・がせ小さかったら」と
    いつもの力関係を逆転させて空想にふけるお話です。

    おおきなミミズやおおきなハエは
    ちょっとしたパニックムービーにでもなりそうですが
    そんな空想をして「勇気が出てくる」とつぶやくネズミの前向きさが素敵です。

    子供も「いつか大きくなったら・・・」と夢を持つものですものね。

    投稿日:2014/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「小さいのが大きくて、大きいのが小さかったら」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのさむいあさ / めっきらもっきらどおんどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット