宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ピッキーとポッキー」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

ピッキーとポッキー 作:あらしやまこうざぶろう
絵:安西 水丸
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1993年03月
ISBN:9784834011579
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,593
みんなの声 総数 60
「ピッキーとポッキー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私が小さい頃に持っていた絵本の中の1冊です。
    ストーリー性はあるものの長編ではないので
    「これなら 娘でもたいくつしないで聞いてくれるかな?」
    と思い、最近読んでいます。

    ピッキー ポッキーという響きが面白いのか
    興味を持って読んでいるようです。
    また、この程度の長さであれば月齢が小さくても
    飽きずに聞いてくれると思います。

    投稿日:2012/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な冒険★

    0才の娘にと思い手に取った絵本。
    また、この絵本は自分自身が小さい頃に読んだ絵本です。
    表紙をみて、「あ!この絵本見覚えがある!」と思いました。
    内容は覚えていなかったのですが、読んでみるとそのころの感覚が少しよみがえり、不思議な気分になりました。
    娘は、他の絵本を並べてもこの絵本を掴んでいました。
    素朴で、わかりやすい絵が0才の娘も気に入ったようです♪
    とっても身近な雰囲気なのですが、少しドキドキの冒険場面もあります。
    お花見シーズンに読むとピッタリの絵本です。

    投稿日:2008/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ピッキーとポッキー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / だるまさんが / いないいないばあ / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット