つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!

つるのおんがえし」 大人が読んだ みんなの声

つるのおんがえし 文:石崎 洋司
絵:水口 理恵子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年11月
ISBN:9784061325340
評価スコア 4.42
評価ランキング 10,594
みんなの声 総数 35
「つるのおんがえし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 切ないです

    イラストがとてもきれいなのが印象的でした。つるのおんがえしのお話は絵本や紙芝居、人形劇など様々な表現で見ています。しかし、何度読んでも切なくなってしまいます。ハッピーエンドで終わることが多い絵本ですが、最後になんだか切なく不完全燃焼な気持ちになれるのも魅力のひとつかもしれませんね。

    投稿日:2020/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切なさでいっぱいです

    つるを助けた心優しい男が、可哀想で可哀想で仕方ありませんでした。
    貧しくても、二人は幸せだったのに…

    お互いを思いやる心が切なくて、胸がきゅーっとなりました。

    そして殿様の無茶な命令にも嫌な顔ひとつせず、はたを織り続ける健気なつるに、また胸が締め付けられ…

    最後、飛び去っていくつるを呆然と立ち尽くしながら見つめている男の姿が、美しくてとても印象的でした。

    決してハッピーエンドではないけれど、優しさが溢れる作品だと思いました。

    投稿日:2014/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物語の魅力を存分に

    誰もが知っているであろう、「つるのおんがえし」。

    子どもの頃は、この物語を聞くたびに
    なんとも切ない気持ちになりましたが

    こうして再び読んでみると
    情緒溢れる、素敵な作品だと思いました。

    冒頭から結末までのすべてが、
    日本ならではの構成だと思います。

    この絵本は、シンプルながら美しいイラストで
    物語の魅力を存分に伝えています。

    投稿日:2013/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ない・・・正統派の昔話

    表紙がとっても美しいので読むのを楽しみにしていました。
    中を開いたら、もっともっと美しく叙情的な絵にノックダウンしてしまいました。美し過ぎます!!!

    お話も絵もとても丁寧で正統派で、これ以上何もいうことはないと思いました。
    若者の優しさ、娘のつつましさ、そして殿様の傲慢さ。
    若者が中をのぞいてしまった理由も、
    好奇心からではなく娘を思いやる気持ちからだったという所がますます切なさを倍増させました。
    なんて切ないお話なんでしょう・・・。
    唯一ツッコミをいれるとしたら、若者の顔がSMAPの草なぎくんに似ているという点でしょうか?

    普段はおもしろ可笑しいお話を好む我が家ですが、
    時にはこんな切なく正統派なお話も大事だなと思いました。

    おはなしもうひとつ『ふるやのもり』は、
    とってもわかりやすく、シンプルに楽しめました。

    裏表紙の絵も切なくて心がギュッとなります。
    切ないけれど、何度も何度も読みたくなる一冊でした。
    優しさゆえの切なさは、心を惹きつけられますね。

    大人にも子供にも読んでもらいたいと思いました。
    自信を持ってお薦めします!

    投稿日:2012/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 定番のお話

    数ある昔話の中でも、定番と言えるくらいに有名なお話だと思います。
    お話のあらすじは、誰でも知っているからこそ、改めて読むときの感動があると思います。
    絵もきれいなので、オススメできます。
    おまけのお話は、初めて読みましたが、良かったです。

    投稿日:2012/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいつる

    男のために自分がやせほそっていくのもかまわずに恩返ししてくれるやさしいつるのお話です。
    昔話の恩返しものは本当にけなげだなーと思います。
    このお話だとこの男も娘を気遣うやさしい男に描かれていて良かったです。
    私もこの男の立場だとずっとのぞかずにいるのは難しいと思ってしまいます。

    投稿日:2012/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切なく悲しいラスト

    私の記憶では鶴を助けたのは老夫婦で殿様は出てこなかったと思いますが、昔話なので地域によっても様々なストーリーがあるのでしょうね。

    若い男が助け、妻になるというのは初めてでしたが、このお話もなかなか良かったと思います。

    あんなに何度も見てはいけないと念を押されても、やはり心配でみたくなってしまうのでしょうね。
    真実を知ってしまった後の悲しいラストは私が子供の頃に読んだ絵本と同じで、また心がキュッと苦しくなるような切なさも同じように感じました。

    絵の繊細な色使いも素敵で、悲しく切ない物語をさらに強くしていると感じました。

    つるの恩返し、一度は子供にも読んであげたい日本の代表作だと思います。

    投稿日:2012/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさにこの挿絵!!

     有名で誰でも知っている昔話といえば「桃太郎」や「一寸法師」。
    勧善懲悪のわかりやすさと物語りの躍動感が誰にでも親しまれ、
    語り継がれていると思うのですが、一方でこの「つるのおんがえし」のような
    物悲しくて静かなお話も長い長い間皆に愛されているのだから、
    日本人っていいな〜と思います。

     私はつるのおんがえしは30年前に幼稚園の劇でやりました。
    だからなのか、昔話の中でもひときわ愛着があります。
    子供心にも、つるの一生懸命、自分を犠牲にして相手に尽くす姿
    は悲しい反面美しかったし、最後につるが飛び立っていってしまう
    姿は胸がぎゅっとなる感じでした。

     ちなみにその時は台本だったし、親からの読み聞かせも口頭だったと思うので
    特に挿絵に関する思い出やイメージはありませんでした。
    でもこの絵本の水口さんの挿絵を見た途端、30年間漠然としていた
    イメージがぱあ〜っと極彩色の情景となり現れました!
    子どものときにこの絵を見ていても特になにも感じなかったかも
    しれませんが、大人になってあちこち旅行をしたり日本の良さを
    感じ取ったりしたあとに見たことで、「まさにつるのおんがえしの世界はこんな感じ!!」
    と思えるようになっていました。
    まさに自分のもつ「つるのおんがえし」の繊細で物悲しくて
    相手を思いあう気持ちが表現されていてとてもうれしかったです。

    これからこの絵本で「つるのおんがえし」を覚える子供たちには
    「とんとんからり とんからり」という文章とともにこの挿絵を
    ずっとずっと心にとどめていてほしいなあと思います。

    投稿日:2012/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本格的です!

    5・6歳からとはいえ、幼児の絵本。
    この『つるのおんがえし』の完成度の高さにビックリしました。
    大人でも十分読み応えのある本文と、繊細で美しい絵。
    『つるのおんがえし』の物悲しい雰囲気が、最大限に引き出されている作品だなって思いました。
    お殿様が出てくる設定は初めて読みましたが、「悪」が入ることで、物語がより一層深くなった感じがします。

    おはなしもうひとつ『ふるやのもり』は、すごくテンポが良かったです!
    短くまとめられているのに 惹きこまれて、思わずくすっと笑ってしまいました。

    代々伝わるむかし話。
    形を変えることなく、語り継いでいってくれそうな一冊だと思います。

    投稿日:2012/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮でした!!

    美しくもはかないお話しですね。
    「とんとん からり とんからり」綺麗な音でありながら悲しいのは絵が素敵だからでしょうか。。。
    殿さまが出てきたお話、とっても新鮮でした!若者の揺れ動く気持ちが5・6歳の子どもでも、よく理解できたのではないかと思いました。
    見てはいけないと言われたら、余計に見たくなりますよね〜
    ちょっとずつ違うから面白い昔話、こちらの「つるのおんがえし」私は今まで読んだ中で1番印象に残ったお話でした。子どもにも沢山読んであげようと思いました。

    投稿日:2012/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「つるのおんがえし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

全ページためしよみ
年齢別絵本セット