となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ゆきのよあけ」 大人が読んだ みんなの声

ゆきのよあけ 文:いまむら あしこ
絵:あべ 弘士
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,333+税
発行日:2012年11月27日
ISBN:9784494002689
評価スコア 4.38
評価ランキング 12,217
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 終盤になってようやく野ウサギの子の全貌が

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子3歳、女の子0歳

    明らかになります。静かな雰囲気の中で描かれてはいるものの、キツネとフクロウから逃げる様子の緊張感は計り知れず。それと対比して描かれる夜明けの喜び。私は自分が人間でよかったと思う反面、生きるってこういう事かと、自分自身の生き方を恥じました。

    投稿日:2018/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生き延びた喜び

    あべ弘士さんの絵だったので気になって図書館から借りてきました。母親から離れ離れになってしまったのうさぎの子が、死にもの狂いで天敵から逃げ切った姿が読み終わってもまだドキドキしている私です。”息の続く限り雪を蹴り、前へ、前へと飛び出してゆきます。足を止めたその時が、のうさぎの子の命の終わりなのです!”何度も何度も読みました!興奮からなかなか冷めないでいる私でした。

    投稿日:2017/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1羽のうさぎの独り立ち成長記録

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    作者の「いまむらあしこ」さんはひらがな明記で書かれていますが、
    児童文学推奨作品や童話などを手掛けてきている作家さんで、絵本媒体としての作品は珍しいかもしれません。

    のうさぎのひと夜の出来事をあべ弘士さんが、いい感じに仕上げてくれていました。
    雪国に生きるうさぎの生き様を見せられたような気がします。
    ただ、この本をこの1冊だけで紹介するにはちょっとインパクトが少ない気がします。
    この絵本を読んで、椋鳩十の作品紹介とかしてみてはいかがでしょうか?

    投稿日:2014/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • いのちの漲る夜

     都会の夜はイルミネーションがきれいだ。
     澄んだ冬の夜を彩る、今や風物詩といっていい。
     恋人たちは愛を語りあい、家族は笑顔にあふれる。仕合せに満ちた季節だ。
     でも、森ではちがう。
     氷つくような寒さの、一面雪景色におおわれた山の夜はまったくちがう。
     小動物たちは冬だといって安心はできない。夜だといって心休まるわけではない。
     雪の巣穴にうずくまっている野うさぎの子の夜も。

      『あらしのよるに』でさまざまな賞を受賞し、動物絵本で人気の高いあべ弘士さんが絵を担当したこの作品は、さすがあべさんと満足のいく仕上がりだが、それよりもいまむらあしこさんの文がいい。
     冬の山の一夜のできごとを、母うさぎをなくして初めての冬を迎える野うさぎの姿を通じて、動物たちが懸命に生きる姿を活写している。
     それは都会の夜とはまったく違う。それでいて、生きることの重さを痛切に感じる。

     いまむらさんの文章のすごいところは、動物たちの動きを的確に表現している点だ。
     たとえば、野うさぎの子の毛づくろいの場面。
     「耳を かおのまえに ひっぱり、まえあしで、ていねになでつけます」なんて、まるでそこに野うさぎの小さな鼓動が聞こえそうだ。
     だから、夜の雪の森で、野うさぎの子が陸ではきつねから、空からはふくろうに襲われる場面の、胸がどきどきすることといったら、ない。
     「あしをとめた そのときが、のうさぎの子の いのちの、おわりなのです」と書かれたら、応援するしかない。
     この子を助けてあげて!
     くる、くる、きつねが。くる、くる、ふくろうが。
     逃げて、野うさぎ! 駆けて、野うさぎ!
     子どもたちの声援が聞こえてきそうな絵本。大人だって、夢中になるのだから。

     それに加えて、あべさんの絵だ。
     なんとか逃げおおせた野うさぎの子の、朝の光にすくっと立つその姿の凛々しいことといったら。
     いのちの美しさにちがいない。

     都会の冬の夜を彩るイルミネーションはきれいだ。
     けれど、命をかけた冬山の夜は、もっと生き生きとしている。ただ、そのことを知らないだけ。
     この絵本は、そっと、そんないのちの漲る夜を教えてくれる。

    投稿日:2013/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ゆきのよあけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット