宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

だれのあしあと」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

だれのあしあと 作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784477019826
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,162
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵がかわいい!

    動物の足跡から何の動物かをあてる作品は多いけれど、この作品はしかけ絵本。「あしあとだれの?」と聞いた次のページは、前のページより少し小さいので、前と次のページとの連続性、関連付けが容易だ。また子どもでもページがめくりやすいといった利点もある。
    動物の絵もとてもかわいらしく、好感がもてる絵本だ。

    投稿日:2009/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんどん増える♪

    ふくだとしおさんの本を探していて手にとった絵本。
    とってもかわいい絵が魅力的。
    雪の上についた足跡が登場し、その足跡の動物が登場します。新しい動物が登場すると、その動物も一緒に足跡を見つける仲間に加わっていくのが楽しいです。
    0才の娘は、立体感もある絵が気に入ったようで、動物たちの絵を触っていました。
    触ってみるとぼこぼこはしていないので「どうして?」という表情になっていて、不思議そうな表情になります。
    楽しく動物の足跡を知ることができる絵本です★

    投稿日:2008/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だれのあしあと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / どうぞのいす / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット