あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくものの試し読みができます!
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

だいすき、でも、でもね」 大人が読んだ みんなの声

だいすき、でも、でもね 文:二宮 由紀子
絵:市居 みか
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年11月30日
ISBN:9784580821811
評価スコア 4.35
評価ランキング 12,473
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 私が好きなのは誰かしら?
    私を好きなのは誰かしら?
    そして私のことが大嫌いなのは…?

    考えれば考えるほど広がる展開に、ワクワクが止まりません!
    “なぜ好きなのか”の説明もユニークで、クスッと笑えました!

    甥っ子がうちに泊まりに来た時、寝る前によくしりとりをするのですが、今度はこれをしてみようかな。
    楽しくてなかなか寝てくれないかもしれないけど…(笑)

    大人心もくすぐる?!とっても可愛らしい一冊でした!

    投稿日:2015/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • だいすきと だいきらい

    自分が好きだと思っていること、
    必ずしも相手も自分が好きだとは限らず、
    また ちがったものが好きという
    大人で言えば価値観のちがいを
    絵本らしく
    身近なもの 生活の中にあるもので
    表現されているように思いました。

    好きな理由、嫌いな理由も
    それなりにわかりやすいです。
    実際がそうであるかどうかは別として。

    ゴキブリが出てきたのにはビックリ。
    誰しも嫌いなはずと思いきや、
    赤いスリッパは ゴキブリに会えるのがいいという。

    絵本ならば
    最後は「だいすき」で締めくくられるのかと思えば、
    冷蔵庫の気持ちは
    あけて中身を見せびらかしたいという。

    「なんで?」
    普通はそうじゃないよね。。と思いたいけど、
    もしかして そういう見方、考え方、気持ち、
    意外なことがあるかもしれない。

    人間同士なら
    「だいきらい」という言葉は相手に使いたくないけれど、
    常識、非常識にとらわれず、
    相手の気持ち、考え、立場を考えることも
    大切だな。。と、
    今回は絵本でありながら
    そんな感想を持ちました。

    投稿日:2015/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 気持ちの不思議

    我が家のにゃんこは、「かわいいねええ」と騒ぎながらしつこく
    抱っこしてくる娘よりも、「ちょっとあっちいってて。邪魔だか
    ら」とクールにあしらう私の方が大好きです(でも、娘が悲しむ
    のでにゃんこは娘のことが大好きだねえっていうことにしていま
    す)。
    自分が大好きだからと言って、相手が自分のことを同じように
    大好きとは限らないんですよね。時には「大好き」の気持ちが強
    すぎてしまったばっかりに、嫌がられてしまうことだってある。
    まいちゃんのおうちの中のいろんなものの気持ちがどんどんすれ
    違っていくのを読んで、わかるわかる・・とうなずいてしまいま
    した。最後、ゆうくんがまいちゃんをだいすき・・とまあるく
    つながるのかな?と想像していたのですが、そううまくはいかな
    かった(笑)。世の中はシビアなものですね(笑)。

    投稿日:2015/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 身の回りのことで考えてみる

    そうなんですよね、どちらかが大好きだからといってもう一方も大好きだとはかぎらない。でもせつない片思いのお話しじゃなくって あ、それが好きなの? という意外性と面白さに思わずクスッと笑ってしまいます。自分の身の回りで考えてみるとどうかな、枕はなにが好きなのかなぁ。草むらのバッタはなにが好きなのかなぁ。色々考えてみるのも楽しいですね。

    投稿日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • だいすき、でもね。

     人間が何人か集まると、そこにいろんな感情が生まれ、様々な人間関係ができます。好きな人、苦手な人、嫌いな人・・・。

     同じように、家の中のモノ(生きもの)たちにも、好き嫌いのモノ関係があったなんて!あれが、これを好きで、これは、あれがきらい。そうか、なるほど、と思ったり、そうくるか・・と思ったり。家の中のものを見渡して、我が家の場合はどうなんだろう?とつい考えて、想像がふくらみました(笑)

     次はどうくる?と楽しみつつ、かわいらしく温かい感じの絵に、ふんわり、やさしい気分になって読み進みました。ただ、というか、だからこそ、やっぱり、最後は「だいすき」で終わってほしかったなぁ。『だいすき、でも、でもね』 の絵本は、だいすき、でも、でもね・・かな?

    投稿日:2015/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妄想

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子18歳、女の子13歳

    「だいすき」と「でも」の繰り返しで、ふかふかの赤いスリッパが登場するあたりまでは、ロマンチックな片思いストーリー…と思ったのに、ゴキブリの出現にはビックリ!ゴキブリには抵抗があるのですが、赤いスリッパは「だいすき」とか言っておきながら、実はゴキブリをバシッとやっつけるのではないか…などとあらぬ妄想をふくらませてしまいました。楽しめました。

    投稿日:2015/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • すきがどんどん

    まいちゃんは、ねこのバニラが好き。
    でも、ねこのバニラは青いクッションが好き。
    そして、青いクッションは…
    どんどん、続いていきますよ。好き嫌いは、動物だけじゃないんだね。スリッパだって、掃除機だって、自分の気持ちを主張するなんて、おもしろいなあ。クレヨンで、ガサガサって描かれた絵に温もりを感じます。

    投稿日:2015/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちが動く

    • ひんみさん
    • 40代
    • その他の方
    • 神奈川県

    でもね から 始まる言葉に 行動に
    また 絵に でもねと
    ついつい 先が気になりだから好きなのね
    嫌いなのね でもね 好きだったり嫌いっだりと 変わる感情に
     

    電化製品に目がつくだけで こころが 感じる作品です

    でもね でもね が 次の展開が楽しい絵本です

    投稿日:2015/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 矢印

    一方通行の矢印たち。
    世の中うまくいかないね。

    みんな黙っているけれど
    私の背中でエプロンのひもが恋してたなんて!
    台所でフライパンや冷蔵庫にあんな事情があったなんて!

    たしかに冷蔵庫
    寡黙でどっしりかまえてる。
    でも、きちんと閉まってないとピーピー言うから
    エプロンのひもさん、こちらはいかが?

    フライパンはきっと働き盛り。
    使い込まれた高齢のフライパンだったら
    自分に代わって働いてくれるレンジが「だいすき」だよね。

    それから
    ちっちゃな子が猫や犬をめちゃくちゃに撫でまわしたりして
    動物たちはちょっと迷惑な顔をしながら
    それでも、されるがままになっていることってあるでしょう?
    あれは、矢印、子どもから動物へ?
    意外と動物から子どもへ向いてたりするのかも。
    双方気まぐれなとこあってわかんないけど
    ひょっとして両想いってこともあり?
    バニラは、まいちゃんよりクッションだけどね。

    夕ご飯の支度をしながら台所を見まわす。
    …じゃあ、炊飯器は?
    たまに息抜きさせてくれるトースターがだいすきなのかな?
    などと考えてみる。
    でも トースターは 湯気をたてておこってる 炊飯器より
    いつも からだじゅうを満たしてくれる 食パンが だいすき。
    でも 食パンは 自慢の色白をこんがり焼いてしまう トースターより
    バターやジャムで お化粧してくれる バターナイフがだいすき…
     …矢印遊びは続く…つづく……

    投稿日:2015/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想が斬新です!

    この絵本、すごい!!面白いです!!
    目の付け所というか、発想が斬新で
    ページをめくるたびに、「次は!?」と、続きが気になってしまいます。

    「まいちゃんは まっしろな こねこの バニラが だいすき。」

    「でも バニラは とつぜん ぎゅうううっと だきしめる まいちゃんより
    ソファの 青い  クッションが だいすき。」

    こんな具合で、
    誰か(何か)の好きな誰か(何か)は、他の誰か(何か)のほうが好き・・・
    と展開してゆくのですが
    好きなのが意外なものだったりして、
    大人の私も最後まで楽しませて頂きました。

    イラストの配色もセンスがあって、素敵です。
    メインのもの以外が単色で描かれているので
    おしゃれかつ、分かりやすい!!
    「もの」たちの表情も、愛らしいです。

    展開がシンプルながら意外性があるので
    読み聞かせにも、向いている絵本だと思います。

    投稿日:2015/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「だいすき、でも、でもね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どうぞのいす / ちびくろ・さんぼ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / からすのパンやさん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

全ページためしよみ
年齢別絵本セット