話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

アブナイかえりみち」 大人が読んだ みんなの声

アブナイかえりみち 作:山本 孝
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2013年03月25日
ISBN:9784593560851
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,974
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 気持ちわかります!

    小学校の頃、私も「このしげみからライオンが出てくるかも」「ガサゴソしてわにがいるかも」と妄想を膨らませていましたが、大人になってその話をしても共感してくれる人はいませんでした(笑)小学生の考え方を肯定してくれたこの絵本、素晴らしいと思います。同じ団地でこんな関係になれたら素敵ですね★おもしろかったー!

    投稿日:2020/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子の頭の中は

    この絵本の主人公は、ほうかごスペシャルたんけんたいの5人の男の子たち。学校が終わったら、冒険の旅に出るのです。

    目指すは幻の王宮、チンダ・ダラハ。
    チンダ・ダラハへの道のりは近くて遠く、危険な場所をいくつも通る。もしかしたら、危険生物に捉えられるかもしれない。
    それでも行かなければならないんだ。
    準備はいいか!
    さあ出発だ!!

    いつもと変わりない下校道でも、男の子たちにかかれば危険な冒険の道のりへと変わるのです。
    それはなんて魅力に満ちているのでしょう。
    これぞ男の子!!

    小さな子から大きな子まで幅広い年代に好かれる、とてもおもしろい絵本です。

    投稿日:2020/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子ならわかるかな

    おふろやさんの方を先に読みました。ですので、今回はチンダ・ダラハにはすぐぴんときました!
    何気ないいつもの場所をこんな怪しいところを想定して冒険できるストーリーを考えられる作者の頭の中も、きっとまだまだ少年が残っているんでしょうね。

    私には、男の子のそういう気持ち、あまり理解できませんが、息子も、険しい道や、危ない砂利道、秘密基地のような空間、とても大好きなので、どこかでこんなワクワクを求めているものなのかもしれませんね。

    きっと、これはまだまだ続編が登場しそうな予感ですね。

    投稿日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさしく冒険物語

    ヒデ、コウ、マル、ノブ、タクは、ほうかごスペシャルたんけんたいのメンバーです。
    戦闘服に着替えて、いざ出発。
    なかなか、ハラハラドキドキの冒険劇が展開されます。
    時には、現実に引き戻され、ありゃりゃりゃという場面もあったり…
    放課後、いつもと違う道を通るワクワク感が、なんとも懐かしく思うことができました。
    なかなか、今のご時世では、通学路以外を通って下校なんて実現できそうにはありませんが、こんなことができる安心した時代が戻ってきてほしいものです。

    投稿日:2015/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわく!

    学校からの帰り道が「たんけん」になる想像力広がる絵本です。
    こんなふうに帰り道を感じながらの友達との下校はどんなに楽しいものでしょうか☆大人の私は羨ましくなりました。
    カラフルなイラストも印象的でした。
    わくわく面白い絵本ですね。

    投稿日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感想を聞きたい

    インパクトのある絵に、インパクトのある話し。
    とちゅう、何度も、ここは一体どこ?、とおいていかれました……。
    著者のメッセージに「愛すべきおばか男子の妄想ワールド」とありましたが、なるほど、こんな感じなんですね〜! 
    外で、こうやって想像力をつかってて遊べるなんて、なんて楽しそうなんだと思いました。
    一見、「絵本」と縁遠いような男子たちが主役の絵本。そんな男子たちにとって、頭の中を描かれたような絵本なんでしょうか? なんだか感想を聞いてみたいです。

    投稿日:2015/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 彼らは一体どこにいるんだ?笑

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    子供の想像力って無限大ですから、日常のなんでもない場所をどこか別の国の未開の地に見たてる事が出来るんですね。ただの団地じゃねーか!ってツッコミはなしで。男子ってアホだからね〜。笑 毎日こんなんだったら楽しいだろうな。

    投稿日:2015/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5人組

    全頁試し読みで読みました。ハラダ団地に住む5人組は、とっても仲間意識が強く仲良しでいつも学校の帰りは、探検して帰るので毎日がとても楽しそうなのでちょっと羨ましく思いました。2号が、オババーン族に捕まったけれど、また復活して5人組で探検していたのでほっとしました。やっぱり誰が欠けても楽しくないし、いつもの5人組なのがいいのだと思いました。ハラダ団地に住む5人組は、済む階が全員ちがっても近いのでやっぱり羨ましかったです。娘が保育園児のときにいつもともだちと家の周りを探検していたので、とても懐かしかったです!

    投稿日:2015/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • たんけん!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    たんけんに出かけるほうかごスペシャルたんけんたい。
    読んでいて…あれ、これはもしかして?と思っていたら予想的中!
    こんな風にみんなでわいわいとたんけん気分で歩いていけば、いつもの帰り道も途端にたんけんになるんですね。
    男の子っていいなー、とっても楽しそうです。

    投稿日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険を忘れかけていた大人たちも

    うわあ〜!楽しそう!!

    小学生の男の子って、こんなことばかりして
    女の子から見ると何だか子どもっぽいけれど、

    でも・・・
    いつもすっごく楽しそうだから、ちょっとだけ羨ましい!


    2ごうがオババーンぞくに とらわれた!
    ・・・って、お母さんですよね?!

    ここで、ついつい笑ってしまいました!

    しかも・・・助けるのかと思いきや、
    彼を残して そこから逃げ出すなんて!

    ・・・あっ!お母さんだから、大丈夫か・・・。
    家に帰るだけだものね。

    彼らの冒険物語に、つい引き込まれてしまいました!

    こういう冒険を忘れかけていた大人たちも、
    しっかり楽しめる絵本です!

    投稿日:2013/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アブナイかえりみち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / よるくま / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット