いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

当世落語絵本 母恋いくらげ」 大人が読んだ みんなの声

当世落語絵本 母恋いくらげ 原作:柳家 喬太郎
文・絵:大島 妙子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2013年03月
ISBN:9784652200094
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,303
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • なるほど〜

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    くらげが主人公のお話って珍しいですよね。
    くらげのくらのすけがのみかんの皮をお母さんくらげと間違えるとは・・・
    確かに形が似ているかも!?
    最後のオチにくすっ、なるほど〜(笑)
    巻末のくらのすけの子守唄のメロディーが知りたくなりました。
    ほっこりリラックスできる絵とストーリーに癒されました。

    投稿日:2015/07/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • くらのすけの成長♪

    なんとも心温まる、子を持つ親なら共感出来る1冊ではないでしょうか。
    赤ちゃんくらげのくらのすけが、海デビューをするお話。
    子どもを初めて保育園に送り出したときの気持ちがよみがえってきました。
    心配で不安でたまらないお母さんくらげの気持ち、分かります。
    くらのすけが大波にさらわれてしまった時のお母さんくらげの表情はほんとに切なく、心打たれました。
    くらのすけは、みかんの皮をお母さんくらげと勘違いしながらも、必死にお母さんくらげを守ろうとします。
    母と子が互いを思いやる姿が優しくて温かいステキな1冊です。

    投稿日:2015/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • さらりと読めました

    落語ってなんだか難しいイメージがあったけど…

    テンポよくコロコロと場面が変わっていくのが、いいですね!
    タイトルもお話にぴたりと寄り添うようで、とても素敵!

    私はくらのすけが、みかんの皮をおっかさんと勘違いして、安心して眠ってしまうところが好きです!
    きっといつもそうやって、おっかさんに甘えているんですね(笑)

    やっぱり絵があるといいですね〜
    淡い色合いの緩やかな線に癒されながら、すんなりと落語の世界に入り込む事ができました。

    じんわり温かさが染み込んで、オチでスカッと笑わせてくれる…夏にぴったりの爽やかな落語絵本でした!

    投稿日:2015/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 個人的に4年3組がツボです♪

    大島妙子さんの描く絵の、表情の豊かな事!!
    海の部分は、おっかさんとくらのすけ、微笑ましいなぁと読んでいたら
    どどーん!!4年3組!!
    おおお、おかしすぎる!!!
    笑いをこらえるのに必死でした。
    続く、亀の背中に○亀って書いてある!
    所々つっこむ所があって、しっかりと笑いを誘ったところで、
    最後はちゃーんと、くらのすけに会えて涙を浮かべているおっかさんを見て
    涙がじわーりじわじわ。
    ドキドキワクワク、そしてほっこりできる親子の愛の形の絵本です☆

    投稿日:2015/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチがいい!

    当たり前のことなんだけれども、海には海の、空には空の、陸には陸の命の営みがあるんだなとしみじみと感じさせられる話でした。海の中にもコミュニティがあって、海デビューなんて、なんだか微笑ましかったです。でも、ミカンの皮と大好きなおっかさんを間違えるかい?! そりゃないだろう... ま、でも、一皮剥けたのですから、めでたしめでたしかな?!

    投稿日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心配しました。

    くらげの子どもの今日は、『公園デビュー』じゃなくて、『海デビュー』の日となりました。ところが、突然の波にさらわれて、砂浜に打ち上げられ、ひとりぼっちになってしまいました。
    と、そこに、遠足の子どもたちのバスが通りかかり、何かが飛んできます。
    どうなるの?
    やばいな。海に帰ることができる?もしかしたら連れ去らわれるのでは…
    もう、あとになったら、心配だけで、心がいっぱいになってしまいました。
    これがまた、落語絵本というから、お話の展開の面白さを充分に味わうことができました。
    くらげのおかあさんが、何でも包み込んでくれるようなふんわりとした描き方がいいなと思いました。

    投稿日:2015/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙の再会

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子18歳、女の子13歳

    落語で話を聞いていたら海の中の情景も、くらのすけとおっかさんと、かめぞうさんぐらいしか想像できなかったかもしれません。
    大島さんの絵本になったおかげで、海の生き物がたくさん登場して、おっかさんやみんながくらのすけを心配したり、再会を喜ぶようすがよく伝わってきました。
    再会の場面はうれし涙ですが、文字通り「魚の目は涙」になっていました。

    投稿日:2015/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • お後がよろしいようで

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     海のなかのくらしにも、泣いたり笑ったり、いろんなドラマがある
    そんな枕に、「海デビュー」という気取ったことばは似合わない。
    クラゲのくらのすけのそれが、いきなり大冒険となるはなしだ。
    それも、くらのすけとおっかさんの絆がテーマ。
    父親を、どうしてやろうかと、考えた私である。

     落語は概して、はなしが長い。
    このえほんはだから、場面の展開が早く作られている。
    海の中、黒い雲、渦巻く波、あっという間に
    浜辺に打ち上げられるクラボウ。
    場面の変化が早いからこそ、ハラハラ、ドキドキする。

     浜辺の溜まり水の中、たった一皮のみかんの皮とクラボウ。
    遠足バスの窓から、マナー知らずにも放り投げられた、その皮。
    みかんの皮は、母の何と似ていたのかなぁ…?
    クラボウはひょっとして臨死体験、したのかなぁ?
    このえほんのなかで一番、想像をめぐらせた場面でした。

     そのみかんの皮が、先の母子の絆の強さを示す噺のオチになる。
    めでたしめでたし、パチパチパチ。
    そしてもうひとつ、えほんのオチが待ってたよ、裏表紙に。
    このえほんの真の噺家は・・・。

     父親(私)には、かないっこないなぁ…
    クラゲだけに、水に母はつきものですから。
    お後がよろしいようで。
    感謝

    投稿日:2015/08/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新鮮!

    「みかん・電気・水たまり」の3つのお題から生まれたお話とは、本当におどろきました。この3つがくらげに結びつき、しかも、温かいストーリーになって、オチもきっちりあるとは。
    落語って、改めてすごい……。
    そして、くらげって、冷たくて怖い印象があったのですが、大島さんの絵でみれば、あたたかくて、親しみがわきます。
    絵とお話のぴったりあった、落語絵本。とっても新鮮でした。

    投稿日:2015/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味の幅を広げて・・

     「みかん」「電気」「水たまり」のお題で、こんな楽しくて奇想天外のお話ができるなんて!小さな冒険をして、ちょっぴりたくましくなった くらげのくらのすけ。「みかんのおかげで、ひとかわむけた」というオチも ぴったりきまっています。

     伝統芸能は、古いものを守って伝えていくことも大事だけれど、それだけでなく、時代にあわせた新しいものも必要なのですね。そういうものもあってこそ、伝統芸能そのものが、長く先々にまで伝わっていくのでしょう。私には あまりなじみのない分野ですが、これからは興味の幅を広げて、落語や落語絵本にも目をむけていきたいな と思いました。

    投稿日:2015/08/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「当世落語絵本 母恋いくらげ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / としょかんライオン / チリとチリリ / おつきさまこんばんは / どうぞのいす / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』監修者・金田一秀穂さんインタビュー

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット