宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

さかさまになっちゃうの」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

さかさまになっちゃうの 作:クレア・アレクサンダー
訳:福本友美子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年03月25日
ISBN:9784776405641
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,213
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1年生の息子

    小学校に入学したての1年生の息子と読みました。
    息子もこれからちょうどひらがなを習うところですが、うまく書けるか、不安に思っているようです。なので、上手く字が書けないこの物語の主人公に自分をダブらせたようでした。
    先生に聞けばいいんだよ!という友達のアドバイスで、だんだんと字が上手く書けるようになったアルフィー。息子もアルフィーと同じようにできたらいいなと思いました。
    絵が可愛くてほのぼのとした作品です。

    投稿日:2016/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の気持ち

    6歳長女に読みました。字が書けないことを悩む犬のアルフィーのお話です。みんなは書けるのに、自分だけ書けない。でも恥ずかしくて「字が書けません」なんて言えないアルフィー。

    長女も4月から1年生になったばかり。まだまだわからないことだらけだと思います。できて当たり前と考える親ですが、子供の目線に合わせていろいろ見てあげないとなあと思いました。長女にも「わからないことは何でも聞いていいんだよ」ということがこの絵本を通して伝わっていたら嬉しいな。

    投稿日:2014/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「さかさまになっちゃうの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット