宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

このよで いちばん はやいのは」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

このよで いちばん はやいのは 作:ロバート・フローマン
絵:あべ 弘士
訳:天野祐吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2011年01月
ISBN:9784834026061
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,399
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  こちらで読んで興味を持ち、借りてきました。
     読んでいて、もう卒業の年齢と思っていた息子にも薦めました。
     読後、「深イ〜」と一言。
     
     単純な速さ比べの科学本かと思いきや、このようなエンデイングが絵本の素敵な世界ですね。
     見返し後ろに、数字で見る速さが、ページに出てくる順に載っています。 
     想像力(秒速∞)っていう表記が、心にくいなと思いました。

     作者のことばの中の、《全ての動物はこの世界で生きていくうえに必要な速さを与えられている。…人間は、自分たちにあたえられた以上の速さのものをつくり、世の中を……。困った事です》には、私もこの恩恵を受けている身でありながら、な〜る程困ったものだと思いました。

    投稿日:2010/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「このよで いちばん はやいのは」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット