宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

オセアノ号、海へ!」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

オセアノ号、海へ! 作:アヌック・ボワロベールとルイ・リゴー
訳:松田 素子
出版社:アノニマ・スタジオ
本体価格:\2,200+税
発行日:2013年06月23日
ISBN:9784877587192
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,178
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供が喜ぶ!しかけ絵本

    • えがだいさん
    • 30代
    • パパ
    • 和歌山県
    • 女の子5歳

    「ああ!赤いお魚がいる!」
    黄色い魚の群れに一匹の赤い魚を見つけて子供が喜ぶ。

    絵本を最初は海の上を眺め、ゆっくりゆっくりとしかけ絵本をめくると・・・。
    海の世界が広がる。
    小さく描かれた魚、イルカ、クラゲや亀、子供は海の世界に興味を示しました。

    しかけ絵本と言えばロバート・サブタの作品がパッと思いつきますが、
    この絵本はロバート・サブタの迫力のある絵本とまた違った、繊細な魅力あるしかけ絵本です。

    投稿日:2019/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 躍動感がある!

    オセアノ号が旅をするお話ですが、ページを開くごとに飛び出すしかけがある絵本でした。船の乗組員が海の中に潜ると、海の中のサンゴや魚が立体的に飛び出してきて、躍動感があふれていました。色々な方向から見て、乗組員がどこにいるのかを探すのも楽しかったです。

    投稿日:2017/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「オセアノ号、海へ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おだんごぱん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット