新刊
いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット

いないいないばあ にゃあにゃのゆびにんぎょうセット(童心社)

日本一の絵本『いないいないばあ』からかわいい指人形付のギフトセットが登場!

  • かわいい
  • ギフト
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

ほね・ホネ・がいこつ!」 大人が読んだ みんなの声

ほね・ホネ・がいこつ! 文:中川 ひろたか
絵:スズキ コージ
出版社:保育社
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年10月05日
ISBN:9784586085279
評価スコア 4.38
評価ランキング 12,422
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 骨を体感しよう

    「すごいぞ!ぼくのからだ」シリーズ。
    骨というテーマに、スズキコージさんの絵の世界観がぴったりです。
    少し怖いイメージの骨ですが、
    身体にとって大切な役割があるのですね。
    実は簡単に素材を確認できるパーツでもあり、
    自分でも確かめてみましょう、と促してくれます。
    もちろん、食事の時に、肉や魚の骨にも関心がいくと思います。
    がいこつの認識が変わりますね。
    幼稚園児くらいから、自分の身体に目を向けるきっかけになると思います。

    投稿日:2019/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • あ〜カルシウム摂らなくちゃっ

    為になる本、学習につながる絵本は、あまり好みません。
    が、表紙絵のスズキコージ先生の絵を見て、軽い気持ちで開いてみたら、楽しく読めました。
    怪我というアクシデントで、骨格についてたくさんのことを知った主人公。
    骨は、エライんですねぇ〜。
    骨の内側のもの(内臓等)を守ってくれて、私たちをシャンと立たせてくれています。
    さらにすごいのは、骨は折れてもくっついてくれるところ。
    今更ながら、あ〜カルシウム摂らなくちゃって、思いました。

    投稿日:2015/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • スズキコージさんの絵のパワーがすごい!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    「すごいぞ!ぼくらのからだ」シリーズの1冊です。
    気のせいかもしれませんが、イラストのスズキコージさんの絵のパワーすごいです。
    “描いてて楽しいなぁ”って、感じが、ビシビシきてます(^.^)。

    ただ、この「ぼくらのからだ」シリーズの中では、中川さんの説明がちょっとハイレベルのような気がしました。
    読み聞かせに使うのは、一見5,6歳くらいからでもわかるような印象を受けますが、解説された言葉の内容を理解する力を考えると、小学校高学年くらいがいい気がします。

    投稿日:2015/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本から!

    ほねについてのことがわかりやすくユーモラスに書いてある絵本です。
    体の図鑑の前に絵本から入ると,小さい子供でも体のしくみについて興味を持ちやすいかも知れませんね。
    イラストはスズキコージさん。スズキコージワールドたっぷりのほね絵本です。

    投稿日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 骨の勉強

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    からだのしくみ…今回は「骨」についてです。
    過去に私も習ったのかもしれませんが、忘れています(笑)。
    人間のからだのしくみが学べます。
    絵本の良さを十分に活かした作品だと思いました。
    私は個人的には図鑑等はそんなに好きではないので、こういった絵本のほうが入りやすいです。
    興味を持つきっかけのひとつとしてもいいのではないでしょうか。

    投稿日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • スズキコージさんの絵 インパクトあります

    人間も動物も骨のある物は 骨によって支えられいること 改めて認識出来るえほんです

    愉快なほねの絵本ですね  

    いろが鮮やかで 奇抜   流石、骨が重要な役割を持っていること

    子どもたちだけでなく おとなもどうぞ 学べますよ

    おもしろい! 発想です

    投稿日:2014/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくの

    鉄棒から落っこちて頭を打ってしまった男の子が、病院でレントゲンを撮ります。


    「いじょうは なかったんだけど
    ぼくの ほねって がいこつだったんだ。」

    そこから始まる、骨のふしぎ、骨のひみつ の説明。

    説明と言っても、全てが男の子とお母さんの会話になっているので、
    とても読みやすく、かつ深く理解することが出来ます。

    スズキコージさんの絵がとても楽しく、
    それが文章とピッタリ合わさって どことなくミュージカルのような雰囲気です。

    大人でもあまり考えたことのない 骨のこと。
    自分の身体の仕組みを 子どもの頃から学ぶのって、大切なことですよね。
    この絵本なら、先入観なく、楽しく勉強できると思います。

    投稿日:2013/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 骨はすごい!

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    試し読みで気になって、読ませていただきました。

    骨折した男の子が、レントゲンを取る場面から始まります。
    そして骨のすごさについて考えるお話です。

    理科っぽくなく勉強っぽくないのに、でも、
    骨があるから、動物はふにゃふにゃにならないということを
    感覚的に知ることができて良いです。

    スズキコージさんの絵が、とても楽しいです。
    本当に骨ってすごいですよね。大人の私も改めて考えました。

    投稿日:2013/10/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ほね・ホネ・がいこつ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あっぷっぷのぷ〜』 すずきまみさんインタビュー

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット