しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

こわがりやのしょうぼうしゃううくん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

こわがりやのしょうぼうしゃううくん 作:戸田 和代
絵:にしかわ おさむ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年04月
ISBN:9784591134054
評価スコア 4
評価ランキング 22,141
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 消防車が好きな子に

    消防車がたくさん描かれた表紙を見て子どもが手に取りました。この絵本のううくんの絵はにしかわおさむさんなのですね、ごみしゅうしゅうしゃのゴンちゃん(絵・田中四郎)と表情が似ていて、子どもがすぐに気に入りました。小さいううちゃんが頑張らならないと火事が消せないという場面では、子どもと一緒に応援しました。ただ、消防車が主人公の絵本には、消防車が怖がりというのが定番化しているのか多く、その中に埋もれてしまう感が否めません。

    投稿日:2016/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直に楽しめず

    こわがりやのしょうぼうしゃ、という設定は理解できるのですが、そもそも消防車になりたくなかったとか、火災現場に行きたくなくて寄り道してしまうあたりは、現役の消防士さんに失礼な気がしてしまいました。

    ただ、朝の絵本読み担当のお父さんには色々と慰めになったようで、案外大人向けの絵本なのかなぁと思ってしまいました。

    投稿日:2016/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ううくんの怖がり具合がグッド!

    2歳10か月の息子が図書館で借りました。
    最近、大好きな消防自動車の話。
    「しょうぼうじどうしゃじぷた」に似たストーリー展開なのですが、主人公のううくんが、勇ましくなくて怖がりで、街のみんなから応援されるので、
    何となく肩の力が抜けて、ちょっとほのぼのします。
    「(男の子なら)強くあれ!」信仰から抜け出せるので、安心でき、共感できるのがいいところ。
    特に怖がりやの我が息子ならば。

    息子は喜んで読んでいました。

    投稿日:2014/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こわがりやのしょうぼうしゃううくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

よるくま / おおきくなるっていうことは / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / からすのパンやさん / どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット