うまはかける うまはかける うまはかけるの試し読みができます!
文: 内田 麟太郎 絵: 山村 浩二  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ナンセンス絵本の決定版!
ヒラP21さん 60代・パパ

いろんな「かける」
「うまは駆ける」、「うま歯欠ける」と言…

きのしたまさるパン」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

きのしたまさるパン 作・絵:飯森 ミホ
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年02月07日
ISBN:9784893259905
評価スコア 4.13
評価ランキング 19,326
みんなの声 総数 7
「きのしたまさるパン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 変なパンがいっぱい

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    「へんてこパンやさん」を借りたので、別作者のこちら、
    「きのしたまさるパン」もついでに借りてみました。

    表紙はあんまり可愛いって感じじゃないけれど、
    「きのしたまさるパン」というのぼりを持ったっ変な子供と
    ふしぎな人達がいっぱい。

    表紙からは全然内容が想像できません。どんなのなんだろう??

    まさる君が友達のよし君とじゅん君と道を歩いていると、
    電柱に「きのしたまさるパン」と自分の名前をみつけました。
    気になって行ってみると…店にはおばあさんが一人。
    覆面レスラーみたいな変な顔のパンが売られています。

    おばあさんに「どうしてぼくの名前のパンを売っているの?」と聞くと
    びっくりしながら、1つくれます。
    顔は怖いし、アンパンだしって不満を言う友達に、
    まさるくんは傷つき、パン屋を他人とは思えなくなってきます。

    おばあさんに「もっとこうしたら」というと、「作ってごらん」。
    こうして、まさる君はパン屋に一生懸命になっていきます。

    ワクワクドキドキ!という展開ではなくて、
    ど、どうなるんだろうって心配になっちゃうような展開で進みます。
    最後は、あぁよかった!で終わるのでご心配なく。

    パン話を探してて〜なら、コレもいいですよ♪

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きのしたまさるパン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット