あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」

ななちゃんのおかたづけ」 大人が読んだ みんなの声

ななちゃんのおかたづけ 作:つがね ちかこ
おかたづけアドバイス:鈴木 尚子
出版社:赤ちゃんとママ社
本体価格:\1,000+税
発行日:2014年02月24日
ISBN:9784870140950
評価スコア 4.55
評価ランキング 5,115
みんなの声 総数 117
「ななちゃんのおかたづけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • おもちゃをおもちゃ箱にぼんぼんほりこんでいる ななちゃん
    おもちゃばこにほりこんだら 片付けたとおもってたのですが・・・・
    おもちゃからクレーム「ななちゃんの おかたづけは おかたづけになってない!」
    おもちゃたちはきちんと整理して片付けてほしいと教えてくれたのです

    ななちゃんは考えました  整理整頓することをおもちゃにおしえられました。

    こんなにきれいに整理整頓できるなんて すごい!
     
    私は片付けがへたくそですから・・・ ななちゃんに教えてもらわないと・・・

    こんなにうまくできたら もんくのつけようがありませんね
    でも・・・ちょっと 上手すぎかな?  
    子どもにしては、ママも片付け上手なのかな?

    私が子どものころ 父親から教えられたことは「使ったものは元にもどせ」この言葉を 思い出しました
    父もおばあさんから教えられたそうです。

    子どもの頃に教えられたことはいつまでもこころに残っているものですね

    投稿日:2014/02/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心もすっきり!おかたづけ

    娘が幼いころ、こんな絵本に出会っていたら、片付け上手の素敵な母娘になっていただろうに・・・と思いました。
    おもちゃが逃げ出す前のななちゃんが、うちの娘とそっくり!そのまま大きくなりました。今でも片付けが苦手のようです。もちろん母の私も。
    この絵本に出会っていたら、あんなに、片付けなさい!って、声を荒げることもなかっただろうなー。物にもちゃんと心があって、大事にしないとダメなんだよって、言葉で教えなくても、絵本を読んであげれば、自然に子どもが心で理解できるなーって思いました。
    子育て中のお母さんたちに、この絵本を読んで、楽しく子育てしてほしいなって思います。
    読んだ後は、なんだか心もすっきり!
    大人になってからでも大丈夫。物の気持ちを考えながら片づければ綺麗に片付くんだって、ななちゃんが教えてくれたから。
    さあ、私もおかたづけ頑張らなくっちゃ!

    投稿日:2017/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかたづけを、こんなに楽しく絵本で勉強できるなんて、大感激です。
    はるか昔の子育ての時にこんな絵本があったら良かったと心から思いました。それから、娘が孫を育てているときに、いつも孫が娘にしかられてばかりいて、いつも泣きながら「だって、ゆいちゃん、できないんだモーン!・・・」とさみしそうでした。私は子育てのときに、一緒に片づけることは無理なんだと勝手に思い込み、自分でやってしまっていました。その結果、娘は片づけられない子になってしまい、孫(娘の子)に対してはやたら厳しく、叱ってばかりいました。この本に出てくる、ライフオーガナーザーさんの鈴木尚子さんのような方に出会っていたら、親子で、楽しく一緒におかたづけの基礎を学ぶことができたのだろうなあと感慨深く読ませていただきました。今どきのママはみんな時間との闘いです。
     私は絵本講師として地元のコミュニティFMで絵本を紹介して6年目に入りますが、ラジオでも紹介すれば、どなたかの心には届くのではないかと思って今月の絵本として紹介する予定です。
     親子のコミュニケーションの最高のツールは絵本だと心から思っています。

    投稿日:2017/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の姿をした実用書

    お母さんにお片づけしなさいと言われて、はーいとおもちゃをぽんぽん片付けていくななちゃん。
    素直にお片づけできるなんて、なんていい子なの!と思いながら読んでいたのに、
    次のページでおもちゃたちが「ここじゃだめ!」と片付けた箱から出て行ってしまいます。
    びっくりしているななちゃんと同じく、私も「何でだめなの?」と慌ててページを進めました。
    何を隠そう我が家も、おもちゃをはじめ色々なものが、ななちゃんと同じお片づけ方式。
    1つの箱にぽんぽん入れて、終了!手軽に片付けられることを重視していました。
    だけど、用途の違うおもちゃを一緒に入れると、こんな困ることがあるよ。
    もっとこうすると、使いやすいしお片づけもしやすくなるよ。
    そんな暮らしのアドバイスを、おもちゃたちが子供にもわかりやすい理由をつけて教えてくれます。
    うちの子にも是非読んであげたいけれど、まずは我が家を整理してからじゃないと、説得力がないかな・・・と、改めて収納の仕方を見つめ直す母ちゃん(私)でした。
    子供が読んでも納得しやすく、親が読んでも為になる絵本です。

    投稿日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃたちによるかたづけの教育

    ななちゃんが、おかたづけを終わらせたあと、おもちゃたちが逃げ出し、ななちゃんに怒ったシーンに思わず声をあげてしまいました。そのあと、おもちゃたちが帰る場所を、おもちゃたちがななちゃんに教育をしていたところに関心しました。おもちゃたちは普段、口で話すことができません。なので、おもちゃたちの気持ちを代弁し、おもちゃたちによるかたづけの教育に大人の私が読んでいて心を動かされました。

    投稿日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公の衣装をブルー系にすることで、ほかのものの色をあたたかい雰囲気のものにしつつ主人公を際立たせる。色づかいのセンスが、感じられる絵本です。

    ただ肝心のストーリーが作者の言いたいことありきで、おもしろくない。目で見たものの記憶がしっかり定着し多くのおもちゃと整理グッズが買ってもらえる前提であるため、多くの子どもたちは「ななちゃんのように」とは思えないだろうなと思いました。

    子どもに読み聞かせる際は、まず親が読んで子どもが片づける気になりそうかみきわめてからにされることをおすすめします。

    投稿日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃたちが、過ごしやすいように、かえるおうちを作ってあげることが片づけなんですね!子供がいたら、絶対に片付けしないシチュエーションに怒ってしまうことが想像できるので笑、いつか子どもが出来たら物心ついた時から読み聞かせしたいです!

    投稿日:2016/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 片づけられない私のために

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    娘にはガミガミいうものの、私自身が片づけ下手・・・。そこでこの本を読んでみました。
    ななちゃんがなんでもポンポンおもちゃ箱に放り込むとおもちゃたちが怒り出します。私たちをちゃんとした居場所に戻してと。・・・なるほど。申し訳ないことをしていました。私も同じようなことをしておもちゃたちを泣かせていたに違いありません。確かに、大人向けの某お片づけ本にも、物の居場所を作るというのはすごく大事だと書かれていました。物に対しても思いやりが必要なんですね。
    子どもも私に言われると反発するけど、おもちゃたちに泣かれると片づけざるをえませんよね。最後のななちゃんの満足そうな笑顔とママの優しい顔、いいですね。我が家もあんなふうになりたいです。

    投稿日:2016/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かり易い

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    全ページためしよみで読みました。

    お片付けの仕方が子供にもとっても分かり易く描かれています。
    お片付けが苦手な子は一度読むといいかも!
    3歳の息子は上手にお片付けができるので、1歳の娘に今度読んであげたいです。

    投稿日:2016/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかたづけに納得します。

    図書館で、4月半ばに予約して、
    やっと順番が回ってきました。
    蔵書数もあるのですが、
    かなりの予約待ちでした。
    人気があるんですね。

    タイトルからして
    私もすごく期待して楽しみにしていました。
    期待通りです。
    50代半ばの私は 片づけ魔なんです。
    いまとなっては、おもちゃではなく、
    断捨離、老前整理、
    自立して巣立った子供たちのものや
    夫婦二人の生活に必要なものを
    どう置くか、使い勝手をよくするかということですが(笑)

    ななちゃんのおもちゃが擬人化されていて
    可愛いです。
    こういうストーリー大好きです。
    とりあえず置いておこうじゃなくて、
    物にもちゃんと帰る場所が決まっているというのが
    「おかたづけ」なんですよね。

    しつけとか生活習慣とか生き様とか
    大人になってアレコレ考える前に
    すんなりと可愛らしく
    納得できる「おかたづけ」が
    この絵本の
    ななちゃんと おもちゃたちの表情で
    わかりました。

    投稿日:2015/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ななちゃんのおかたづけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ブルンミのねこ / パンダ銭湯 / おかあさん だいすきだよ / くろくまくん おふろで さっぱり / いっこ さんこ / 100万回生きたねこ / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット