アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

おいし〜い」 大人が読んだ みんなの声

おいし〜い 作:いしづ ちひろ
絵:くわざわ ゆうこ
出版社:くもん出版
本体価格:\800+税
発行日:2014年03月10日
ISBN:9784774322353
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,738
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 「おいしいね!」

    「おいし〜い」は、からだも心も元気にしてくれる。

    きっとそれは、大人でも子どもでも、赤ちゃんだって
    みんなに共通していることなんだなあと思いました。


    大好きな人が何かを美味しそうに食べている姿を見ると
    見ているほうも幸せな気持ちになれるから、食事って不思議です。

    相手が赤ちゃんでも、まだ会話が出来なくても
    「あ!喜んでる!」って伝わってくる。

    「おいしいね!」って気持ちが赤ちゃんと自分のあいだでふんわりと繋がって、
    なんだか一緒に嬉しい気持ちになれる。

    この絵本は、美味しいものを口にした瞬間の、
    赤ちゃんの幸せそうな笑顔が沢山詰まっています。

    どのページを開いても
    読んでいる私まで、思わずにっこり。

    1ページ目から、幸せな気持ちになれる絵本です。

    投稿日:2014/03/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大切な言葉

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    良く食べる3歳1歳の兄妹も、初めての物や見た目が気に入らない物はなかなか口にしてくれません。
    あの手この手で食べさせますが、何より大事なのは「おいしいね」と親も一緒に美味しいものを共有することなのではないかと感じています。
    この本を読んで、「おいしい〜」という言葉って、とても大切だと改めて感じました。

    投稿日:2014/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • たのしく食べてげんき!

    おいしそうに食べてくれる赤ちゃんの笑顔は最高ですね。
    作っているママだってどんどん元気になれる笑顔です。
    おにぎり、かぼちゃ、スープ、りんご。
    あかちゃんがいつも食べてるおいしいもの。
    ラストのホットケーキはみんなで。
    とても楽しそう。

    投稿日:2016/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいー!

    うん、うちの子もこんな時があった!とつい1年前のことを思い出しました(笑)
    もぐもぐ、おいしー!
    とってもかわいいイラストで、一口食べるごとにつられて笑顔になっちゃいます。
    離乳食開始前後〜読み聞かせたら、こうやってすんなり食べてくれそう。
    最後は重ねたホットケーキを家族で♪
    0〜1才向けの、とってもかわいい絵本です。

    投稿日:2015/12/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • あ〜ここまで来たかぁ〜って、・・・

    あかちゃんが、いろんなものを食べて、おいし〜いをしています。
    もう固形食の段階に入った赤ちゃんのようです。

    うちは、離乳食最初の段階から、かぼちゃを切らしたことがありませんでした。
    ピューレ状態の時から、甘味が気に入ったようで、よくかぼちゃを食べていました。
    食卓にかぼちゃ色のものがのぼると、ちょっと興奮していました。
    同じ色なのに、違う食材の時の「あれ〜???」っていう表情も可笑しくって、懐かしい思い出です。

    最後の見開きいいですね〜。
    家族3人同じものを食べられる頃になると、あ〜ここまで来たかぁ〜って感慨深かったですね〜。

    投稿日:2015/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 離乳期の思い出

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子18歳、女の子12歳

    わが子の離乳期を思い出しました。
    上の子はバナナを見ると「バンマンマ、バンマンマ…」と言って食べたがりました。
    下の子は麺類が好きだったため、「メンメン」と教えたので、よく「メンメン食べる〜!」と言ってました。
    子育て中のことは忘れてしまったことも多いのですが、この絵本を読んで、「かわいい盛り」時代を少し思いださせていただきました。

    投稿日:2015/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美味しいお顔がとってもキュート☆

    この赤ちゃんの食べた後のお顔がとてもかわいくて、息子が初めて離乳食を食べてニコっとした時のかわいい顔と幸せな気持ちを思い出しました。初めてのものを食べる時には、どうかな〜?おいしいかな〜?と一口食べるごとにおおはしゃぎ。そんなにも愛らしいときがあったのだと思いだすことが出来ました。
    食べるって生きていく上で最も大事なこと。息子たちは食いしん坊なので、「おいしいねー!」と何でもよく食べてくれますが、食事が笑顔だとより家族みんなが嬉しく幸せな気持ちになりますよね。
    最後に家族みんなでホットケーキを食べているところも、心がほっこりと温かい気持ちになりました。
    小さな子供から楽しめる絵本だと思いますが、大人が読んでもわが子を思い出し幸せな気持ちになることができる絵本だと思います。

    投稿日:2014/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一生懸命!

    あぁ、うちの娘も、そうだったなって。
    食べることに一生懸命な姿が微笑ましいです。

    あかちゃんは、食べるのも、食べてるのを見るのも大好き!
    この本をあかちゃんに読んであげたら、きっと一緒にモグモグしますね〜(笑)

    「おいしいね!」読みながら、自然とそんな言葉が出てきそうな一冊です!

    投稿日:2014/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいし〜いの表情がたまらない

    離乳食が懐かしい〜そんなことを思いながら読ませていただきました。
    こんな素敵な笑顔で「おいし〜い」といっぱい食べてくれたら、ママも嬉しいですね。
    私個人的にはリンゴのページの表情が一番好きです。確かにこんな表情してた!してた!と、懐かしくもあり何だかほっこりしました。
    離乳食前からこの絵本を読んであげたら、赤ちゃんも食べる事に興味をもってくれるのではないでしょうか。いい絵本だと思います!!

    投稿日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • しあわせな時間

    この絵本を読んでいるうちに、
    娘たちが離乳食を食べていた頃を思い出しました。
    そして気付いたことが、それはとってもしあわせな時間だったということ。
    絵本の赤ちゃんが、むしゃむしゃもぐもぐおいしそうにごはんを食べる姿はとても愛らしく、
    見ているだけでとても幸せな気持ちになりました。
    娘たちもこんな風に一生懸命食べてたなぁ・・・と懐かしく思いました。

    それにしてもこの赤ちゃんの、米つぶだらけの手や
    もぐもぐかぼちゃを食べる口の形のカワイイこと!(^^)
    ホント見てるだけでしあわせです(^o^)♪

    そして親子三人、仲良くホットケーキを食べてるシーンは
    まさに癒しそのもの。
    家族みんなで一緒になにかを食べるのって、幸せなんだなとしみじみ思います。
    みんなのためにごはんを作るのも、幸せなことなんだなぁと
    実感させてくれます。

    毎日の食事作りや日々の家事に疲れたとき、
    この本を見たらほっこり癒されてまた頑張れる気がします。
    とても温かい気持ちになり、元気の出る一冊でした。

    投稿日:2014/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おいし〜い」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ねないこ だれだ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / だるまさんが / じゃあじゃあびりびり / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?


お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット