かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかんの試し読みができます!
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

三びきのこぶた」 大人が読んだ みんなの声

三びきのこぶた 作:(イギリス昔話)
絵:山田 三郎
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1967年04月
ISBN:9784834000979
評価スコア 4.59
評価ランキング 4,292
みんなの声 総数 93
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3匹目のこぶたvs.オオカミ

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子24歳、女の子19歳

    お話会などでたまに読んでくださる方がいますが、自分で子どもたちに読んだことはまだありません。
    子どもの頃に読んだ作品がコレだったためか、「さんびきのこぶた」というと、頭の中に出てくる表紙絵は、山田三郎さんの、この丸々ト太った3匹の兄弟こぶたの楽し気な絵でしたが、普通に検索したら結構な数の同盟タイトルがずらずら出てきたのに驚きました。
    (こんなにたくさん出版されていたんですね)
    ストーリーはディズニー風の内容とは違い、原作にかなり近い内容で、それでも幼児が手にしても飽きないくらいの長さに収められています。
    (さすが、瀬田貞二さんです)
    それにしても、よく考えたらすごい数のレンガが無いと、3番目の子ぶたが作ったこんな素晴らしい家は建てられませんね。どれだけレンガを頂けたのでしょうか。
    この絵本では、上の2匹が食べられてしまうシーンより、後半、オオカミと3番目の子ぶたのやり取りのほうにページを割いて楽しく描かれています。

    投稿日:2019/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知恵を絞って

    お馴染みの三びきのこぶたですが、この話は、一番目のこぶたは、藁で造った家だったので、オオカミに、「ふうふうの ふっ」と
    家を飛ばされて食べられてしまいます。二番目のこぶたも木の枝で造った家だったので、「ふうふうの ふっ」で、同じように家を飛ばされて、こぶたも食べられてしまいました。
    三番目のこぶただけは、レンガで造った丈夫な家だったので、「ふうふうの ふっ ふうふうの ふっ」と、やりましたが、家は、吹き飛ばされませんでした。
    オオカミは、いろいろとこぶたを誘うのですが、こぶたが知恵を絞ってオオカミを食べてしまったのでした。
    オオカミは、二匹のこぶたの兄弟たちも食べてしまったのですが、
    こぶたが、オオカミをことこと煮て食べてしまったのが、気持ち悪かったです。それからは、こぶたがずっと幸せに暮らしたのは、よかったなあと思いました。裏表紙の6匹のお孫ちゃんのようなこぶたちゃんが可愛かったです。

    投稿日:2019/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作!

    子どものときに読んでストーリーは記憶に残ってはいるのですが、改めて読み返しても面白いです。
    3びきめは常におおかみの行動の先を読んで動き、ピンチに陥っても機転をきかせて賢いので、読んでいて痛快です。最後は少し残酷なような気もしますが、子どもにとってはわかりやすい結末です。

    投稿日:2016/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 末っ子のこぶたは幸せ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    三びきのこぶたのお話はいくつか読んでいますが、こちらは大筋は同じなのですが、おにいさんたちは助からないのですね。
    幸せになるのは末っ子のこぶただけです。
    我が家にある別の三びきのこぶた絵本はお気に入りの娘ですがこの展開はどう思うのかな?
    末っ子のこぶたがおおかみを食べてしまうのにはちょっとびっくりしました。

    投稿日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぶ、りんご、バター作りの樽

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子18歳

    昔話のブックトークをするためにセレクト。
    改めて読むと、奥深いですねえ。
    イギリスの昔話、ということで、ジェイコブズによる再話『イギリスとアイルランドの昔話』に
    忠実な展開がうれしいです。
    わら、木、レンガで家を作るこぶたたち。
    ここまではよく知っていましたが、レンガのところで、
    さらに、かぶ、りんご、バター作りの樽をめぐるエピソードがあったのですね。
    なんとなく、聞いたことはあったのですが…。
    文章はやや長めですが、絵は程よく古風で、雰囲気たっぷりでいい感じです。
    子どもたちに届けたい作品だと思います。

    投稿日:2014/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三びきのこぶたのお話は いろいろなところで絵本やお話を読んできましたが このイギリスの昔話は、始まりからすごい!と思いました。
    貧乏なので 三びきのこぶたを育てられないので、一人で生きていきなさいと 家から出しましたとありました。( もし貧乏でなかったら?
    一瞬 私の頭の中で考えてしまいましたが・・・・)

    はじめのぶたは、わら束を持った人にもらってわらの家 この下りは同じお話がたくさんありますね。

    でも、こぶたの知恵がオオカミに勝っていて ことごとく オオカミより一枚上手なのは すごいな〜

    生きていくには 強いものに 負けてしまうという 弱肉強食の生態系がと思うところですが・・・ 

    いえいえ そうではなくて 生きる知恵が大切なのだよと教えられます

    最後に オオカミが 煮えたおなべの中にはまるとさっと ふたをしてぐつぐつ煮て食べてしまいました。
    それからは 平和に暮らすというところはすごいな〜と思いました。


    イギリスの昔話のすごさを感じました。
    この絵本も 読んでみたいと思います、 子供はどんな反応してくれるかな?

    投稿日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力のある昔話

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    子どもの頃から知っているおはなしです。
    昔話の中でも、定番といっていいのではないでしょうか。

    子どもたちに力をくれる昔話だと思います。
    怖いシーンがあるので、小さい子どもには大人が読んであげてもらいたいです。
    お話を読んで疑似体験することで、この怖さを乗り越えられた自信がつきます。
    一緒におおかみを退治した気持ちになります。
    それは、大人と一緒に体験している安心感があることが大事だと思います。

    いつか親元を巣立っていく日のために読んであげてはいかがでしょう。

    投稿日:2008/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「三びきのこぶた」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / わたしのワンピース / おててがでたよ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / おばけのバーバパパ / とんことり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(93人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット