宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はるをさがしに」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

はるをさがしに 作・絵:亀岡 亜希子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年
ISBN:9784894233881
評価スコア 4.41
評価ランキング 10,447
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 春がくる

    やっぱり、春がくるというのは、わくわくするし、とても希望が持てるしいいのもだと実感できた絵本でした。オコジョのタッチィと電車に乗って大好きなくまさんに会いに行った気分になれて嬉しかったです。冬景色もよかったけれどあったかいやわらかな日差しの春の雰囲気がいつぱい感じられた絵がよかったです。お友達の大切さも学ぶ絵本でした。

    投稿日:2014/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2月にはぴったり

    6歳の娘は図書館で自分で探してきた絵本です。2月にはぴったりの絵本だと思います。オコジョという動物を娘は知らなかったのですがかわいいと思ったようで読みたかったようです。娘は表紙の絵を見て読みたいかどうか決めるみたいです。ページが進むごとにタッチィの毛の色が春らしく変化するところもいいですね。この絵本はシリーズ化されているようなので読んでみたいです。

    投稿日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はるをさがしに」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット