宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

カボちゃんのおおそうじ」 大人が読んだ みんなの声

カボちゃんのおおそうじ 作:高山栄子
絵:武田 美穂
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年
ISBN:9784652008997
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,693
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • たいへんなおおそうじ

    みんなで、お部屋をきれいにしましょうってことになって、いざ始まったおおそうじ。
    ここまで、大変なことになってしまうとは…
    ちょっとびっくりでしたが、みんなで大仕事をやってのけたという一面もあり、もしかしたら、こんな経験をした子どもたちもいるかもしれないなあと思い、身近に感じることができました。

    投稿日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 掃除あるある

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子3歳

    全ページ試しで読みました。

    長男は二年生なのですが、まさに掃除あるある!ですね。先日も掃除時間に誰かがふざけ始めて、悪のりした数人が加わり、注意しようとした子が喧嘩になり、一人抜けようとした子が泣き出し・・・と、まさにこの巻のような出来事があったと先生から報告がありました。

    この本のようにクラスのみんなで協力して解決して、先生もこんな先生だったらいいですね。(現実にはなかなか難しそうですが・・・。)

    投稿日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!

    小学校の掃除ってまさにこんなんだったーと読んでいて懐かしい気持ちになりました。どの時代のどのクラスにも掃除をさぼって遊んじゃう子がいるんですね(笑)
    窓ガラスを割ってしまうというトラブルにみんなで協力して考えていく姿、
    ちょっとうるっときてしまいました。1学期の間でこんなにも子供たちは成長するのですね!
    学校あるあるがたくさん詰まったとても楽しいお話でした♪

    投稿日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生は大変だなぁ(汗)

    このシリーズのヒール役の2人は、相変わらずで、みんなにちょっかい出したり、イタズラしたりで、ぜんぜんお掃除が進みません。。。

    みんなも思い出の品や10円玉を見つけるたびに、掃除の手が止まってしまいます。

    掃除の時間は私だって面倒くさかったもんなぁ〜

    でも、しまいにはガラスを割ってしまい、クラス全体で大反省。

    そこで、先生がびっくりするくらい、ピッカピカにお掃除して、みんなで謝ることに。

    ヒール役の2人ですが、先生の前ではいい子を装ったりして、まだ先生のことまではバカにしたり見下したりしないからなんとかクラスがまとまるのかな。これで、先生にまで反抗しだしたら手に負えないかも。。。それにしても、本当に学校の先生って大変だなぁと思っちゃいました。

    投稿日:2016/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうじ時間ってこんなだった

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    自分の小学校時代のそうじの時間を思い出して楽しく読めました.カボちゃんのクラスもほうきが人気みたいですね.私のクラスもそうだでした.そして,いますよね.そうじ時間に騒いじゃう男の子.そしてそういう子にうんざりしながらもくもくと頑張る女の子.読んでると,そうそう!とうなずきたくなる場面がいっぱいでした.
    ガラスも割れてどうなることやらと心配しましたが,最後にはちゃんとピカピカの教室になりましたね.
    小学校の頃,私はあまりそうじの時間は好きではなかったけど,この本を読んでみると意外と自分がそうじ時間のこといろいろ覚えていることに気がづきました.カボちゃんたちもきっと,大人になったらこのドタバタだった大掃除がきっといい思い出となってるのかもしれませんね.

    投稿日:2016/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたいた(笑)。

    「カボちゃんとゆかいななかまたちシリーズ」,小学校1年生にぴったりですね!
    今回は夏休み前の教室の大掃除のお話です。
    夏休み前に限らず小学校では毎日掃除をするので身近なお話に思いました。
    親の私が小学生の時にもいました(笑)掃除時間にケンカする男子。
    今回も大騒動ですが,先生の一喝やっぱり大事ですね!

    投稿日:2016/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大さわぎのおおそうじ

     カボちゃんたち、今日はおおそうじです、、、がみんなふざけて遊んでばかり。先生は、ほんとうに大変ですね。

     みんながそうじをはじめても、タマくんはやっぱりいたずら、窓ガラスまで割ってしまうなんて。大さわぎの、おおそうじ、一年生らしくて笑ってしまいました。みんな個性的で、にぎやかな声がきこえてきそう。
     
     学校生活の楽しさがわかるお話、入学前の子どもに読みきかせたいです。
     

    投稿日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • またもタマとピーマンが…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    おおそうじということで私は年末を連想してしまったのですが、夏休み前のおおそうじのお話でした。そういえば、学校ってそうだったわね。学期ごとにおおそうじだったわー。
    そうじ中にふざける子っていますよね。特に低学年。
    カボちゃんのクラスでも…。
    そしてやっぱりそれはタマとピーマンなのね。
    起こってしまった事件にはちょっとびっくりしたけど。いい子たちも多いです。

    投稿日:2016/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔も 今も・・・

     いました、いました!昔も。 掃除の時間にふざけて暴れる男の子が・・。なぜ、こうなるのかな?長い棒(箒)を持つと振り回したくなるのかも?勉強の時間でないという開放感から?

     雑巾を投げて遊ぶ。窓ガラスが割れる・・。これも、ありました〜!

     私の子どもの頃の小学生も今の小学生も、教室の掃除の時間の様子は、あんまり変わらないんだなーと面白く読みました。

     小さいけれど、ピリリと辛いピリカラちゃんの言動が、ピリッと効いていましたよ。

    投稿日:2016/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドタバタが楽しい本!

    学生の頃の掃除の時間を思い出しました。私も掃除の時間は嫌いだったなぁ、と思い出しました。でも、きっと掃除が好きだった子なんていなかったと思います。

    ダイコンノスケ先生が結構いい味を出していて、面白かったです。この先生のキャラクターは結構濃いな、と思いました。

    次から次へと部屋がグチャグチャになっていく様子をうまく表現していて、さらに頑張って片付けようと思い直したところも良かったです。

    投稿日:2016/05/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「カボちゃんのおおそうじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット