話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

11ぴきのねことあほうどり」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

11ぴきのねことあほうどり 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1972年11月
ISBN:9784772100335
評価スコア 4.74
評価ランキング 1,052
みんなの声 総数 165
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親子そろって、大好きな本

    子供の頃に、私自身が読んで、大好きだった絵本。
    11ぴきのねこ!といえば、この本でした。
    息子も絶対気に入ると思い、購入したら、案の定、はまりました。
    他の方も書いていらっしゃるとおり、コロッケやを始めた猫たち。
    最初は大流行でしたが、日に日に残り物が出るようになり、「昨日もコロッケ。今日もコロッケ。」と、愚痴がでます。(このフレーズを読むと、コロッケの歌は、11匹の猫から出来たのでは??と、思ってしまいます(笑))
    アホウドリが、コロッケを食べたいと、島へ呼びに来た時は、(アホウドリを食べられる・・)と、考える程に・・。
    この先、猫たちの思いとおりになるかと云えば、そこは流石じゅういっぴきのねこシリーズ!!!
    おほうどりの兄弟達は、やっぱりふつうとは違っていて、最後の兄弟は、とっても大きい!!!。息子もこの展開には、きゃあーと、大喜び!!

    親子そろって、楽しみどころが一緒という、読み聞かせには最適な絵本です。

    投稿日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • とぼけたねこ達が楽しい

    小学校の読み聞かせ用にと購入した本です。
    8歳の息子は、自分で読んで「面白かった〜」と笑っていました。

    おなじみのお腹を空かせた11ぴきのねこ達が、
    鳥の丸焼き食べたさにあほうどりの島へ行くお話。
    うっかりするとシュールになりがちな題材ですが、
    とぼけたねこ達のとぼけた成り行きに笑えます。
    コロッケが食べたくなりました!

    投稿日:2015/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の数だけコロッケは作られます

    • doruさん
    • 40代
    • その他の方
    • 兵庫県
    • 姪8歳

    姪っ子も楽しんで読んでいました。夏休みの読書感想文がやっと書きおわって、読むだけでいい感想文を書かなくてもいい絵本に肩の力も抜けたようでした。

    今回は11ぴきのねこがコロッケをつくるお話です。あほうどりを食べたいのなら最初の1羽だけにしとけばよかったものを、よくばるから失敗するのです。その失敗の仕方が明るくて楽しくて、子供が考えそうなものだから子供にはより親しみを感じさせられるのですよね。

    姪っ子は今夜コロッケ食べたいと言っています。この絵本のおかげで、コロッケが何個作られるのでしょうね。

    投稿日:2008/08/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「11ぴきのねことあほうどり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / くっついた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / 100かいだてのいえ / 赤ちゃんのことばあそび 愛蔵版 だっだぁー / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ボードブック はらぺこあおむし / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • た

     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    たがやす、たねまく、たちまちめがでた!「た」で始まる言葉だけで描く田んぼのこと、命のこと。
  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(165人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット