新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

こんとあき」 どまどまさんの声

こんとあき 作:林 明子
出版社:福音館書店
税込価格:\1,430
発行日:1989年06月
ISBN:9784834008302
評価スコア 4.88
評価ランキング 19
みんなの声 総数 450
  • この絵本のレビューを書く
  • はからずも、泣いてしまいました

    • どまどまさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    林明子さんの絵本は自分が子供のころから大好きだったけど、この本は読んだことがありませんでした。評判がいいので、ぜひと思って借りてきました。

    予想をはるかに超えて、素晴らしい絵本でした。

    ぬいぐるみのこんは、あきが赤ちゃんの頃から一緒。
    うでがほつれてしまったこんを直してもらうために、一緒におばあちゃんのお家へ行きます。

    小さい女の子とぬいぐるみの二人旅ですから、ハプニングだらけ。
    電車が停車中にお弁当を買いに下りたこんを、心配そうに待つあき。
    こんが帰ってこずに泣いてしまうあき。
    こんをみつけて、ほっとして、無防備な姿で一緒にお弁当を食べるあき。
    そして、いつもあきを安心させようと、一生懸命なこん。

    子供の表情の豊かさと、表情がないはずのこんのかもしだすあたたかさ。林明子さんには、なぜこんな絵がかけるのでしょうか。
    思わず、絵本をなでなでしてしまいました。

    そんなあきとこんの最大のピンチは、砂丘で起こります。
    犬に連れされたこん、こんを必死で追うあき。
    読み手の私もどんどん緊張が高まり、そして、こんの耳を見つけた時の息子の、私を制するような「あった!」という声。

    私も息子も、1回目にこの本を読んだ時から、絵本の世界にぐんぐんひきこまれました。
    そして、私は、気がつくと泣いていて、息子は、ただじーっと私が本を読むのを聞いていました。

    最後はハッピーエンドです。
    おばあちゃんの抱擁のどれだけあたたかいかを、私は膝に乗せている息子のあたたかさから、想像することができます。

    一緒って、ホントに、あたたかい。

    投稿日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    7

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こんとあき」のみんなの声を見る

「こんとあき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ごろごろ にゃーん / ムッシュ・ムニエルとおつきさま / くだもの / だるまさんが / ピッツァぼうや / ヨセフのだいじなコート / かめくんのさんぽ / ウミガメものがたり / おもちぽん ふるさとのうみ / おもちぽん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


Netflixで大人気!「ヒルダの冒険」シリーズ

みんなの声(450人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット