へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

こんとあき」 ゆっきんぐさんの声

こんとあき 作:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1989年06月
ISBN:9784834008302
評価スコア 4.88
評価ランキング 17
みんなの声 総数 437
  • この絵本のレビューを書く
  • みんなのお勧めだけありました

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    絵本ナビで興味を持った絵本でした。
    また、私個人がホントに好きな林明子さんの絵本。

    あきちゃんの表情の素晴らしさ。林さんは、子供を描かせたら天才ですよね。なんであんなに優しい視線でとらえられるのかな?といつも思います。

    あきが赤ちゃんの時におばあちゃんから送られたきつねのぬいぐるみの「こん」。
    ず〜っとず〜っと一緒の二人?が、おばあちゃんのところへ旅に行く。いろんなハプニングがあって、ずっと「だいじょうぶ」ってあきを励ますこん。
    読み終えて、「だいじょうぶ」って、実はあきが自分で自分にいいきかせていたのかもしれないな・・・と思いました。

    旅をしながらあきが成長していくような気もしました。

    かわいい子には旅をさせろって言いますが、親となった私はまだなかなか心配ばかりで・・・でも、こんな素敵な絵本をみると、息子たちには旅を通じてココロが強くなって欲しくなりました(笑)

    皆さんがお勧めする名作だけありました!

    投稿日:2011/01/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こんとあき」のみんなの声を見る

「こんとあき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(437人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット