話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

こんとあき」 おはなしおばさんさんの声

こんとあき 作:林 明子
出版社:福音館書店
税込価格:\1,430
発行日:1989年06月
ISBN:9784834008302
評価スコア 4.88
評価ランキング 18
みんなの声 総数 451
  • この絵本のレビューを書く
  • 子どもだけで、おばあちゃんの家まで電車になって旅行するなんて、子どもたちにとって、ハラハラドキドキの冒険です。次々起こるハプニング、ドキドキと「あーよかった」の繰り返しで、子どもたちが自分もその体験をしているかのような真剣な顔で聞いてくれるおはなしです。
     また、林明子さんの絵本には、隠し絵を探す楽しみもありますよ。「はじめてのおつかい」や「いもうとのにゅういん」などお好きな方はぜひじっくりと子どもさんと一緒に絵の隅々まで楽しんでご覧ください。いろいろなところに、意外な人物が登場しているかも・・・。こんとあきでは、ぜひぜひ人がいっぱい描かれているページにご注目を。ブリックスの「さむがりやのサンタ」やピーターラビットのマグレガーさんもいるかもしれません。

    投稿日:2002/12/19

    参考になりました
    感謝
    2

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こんとあき」のみんなの声を見る

「こんとあき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / ごろごろ にゃーん / ムッシュ・ムニエルとおつきさま / くだもの / だるまさんが / ピッツァぼうや / ヨセフのだいじなコート / かめくんのさんぽ / ウミガメものがたり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2022年5月の新刊&おすすめ絵本

みんなの声(451人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット