新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

にんぎょひめ」 ハグミーさんの声

にんぎょひめ 作:アンデルセン
絵:いわさき ちひろ
訳:曽野綾子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1967年
ISBN:9784033032504
評価スコア 4.88
評価ランキング 32
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く
  • 大きくなったらまた読ませたい

    海の深くに夢のようなお城があって、そこに6人の人魚のお姫様が住んでいました。15になると海の上に浮かび上がっても良いので、末のお姫様はとても楽しみにしていました。そして初めて海の上にあがった日、船の上で王子の誕生日をお祝いしているのを見つけます。ところが海が荒れて船を押しつぶし、王子は海に投げ出されました。人魚姫が王子を砂の上まで連れて行くと、そこに娘がやってきて…。
    お祝いでいただきました。最近は人魚姫と言えばディズニーのアリエルですが、あんなハッピーエンドはこのお話にふさわしくないと思います。このお話は確かに悲しい結末で、子どもには難しいかも知れません。それでも、こんな悲しく、切ない感情もあるということを知って欲しいと思います。実際、娘は何故、人魚姫がナイフを持ったのか、そしてそれを落としたのか、よく理解できなかったようですが、それでもその何とも言えない結末は心に響いたようです。この絵本のいわさきちひろさんの絵はとても美しく、いつまでも手元に置いておきたいと思わせます。もう少し大きくなったら、娘にまた読ませたいです。

    投稿日:2009/11/15

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「にんぎょひめ」のみんなの声を見る

「にんぎょひめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / おててがでたよ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット