そらをとんだたまごやき」 夏の雨さんの声

そらをとんだたまごやき 作:落合恵子
絵:和田 誠
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,165+税
発行日:1993年
ISBN:9784906379309
評価スコア 4.43
評価ランキング 10,301
みんなの声 総数 6
「そらをとんだたまごやき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 1993年に出版されたこの絵本のおしまいのページに、「お話をつくった人」落合恵子さんと「絵を描いた人」和田誠さんからの短いメッセージが載っています。
     落合恵子さんのそれは絵本がたまごやきのお話なので「卵」のエピソード。
     一方、和田誠さんは落合さんとはずいぶん前からの知り合いで、落合さんがディスクジョッキーだった時も見学に行ったとか。(ちなみに落合恵子さんはレモンちゃんと呼ばれた人気DJだったのですよ)
     また、絵本専門店クレヨンハウスができた時は、お子さんの手をひいて出かけたそうです。(ちなみに落合恵子さんはクレヨンハウスの主宰者です)
     対談はあったそうですが、落合さんと絵本を作ったのは初めてだと書いています。
     そして、このお話の魅力を「発想のとび具合」としています。

     お話に登場するのは、お父さんと娘のめぐちゃん。
     二人はたまご20個使って、大きなたまごやきを作ります。
     するとこのたまごやきはどんどん大きくなって黄色いアドバルーンみたいになってしまいます。
     そして、お父さんとめぐちゃんを乗せて、冷蔵庫の中に広がる空に飛び出したのです。

     和田さんがいうように「発想」が普通ではありません。
     でも、和田さんも子供の頃には押入から外国に行けると空想していたらしく、「たまごやきの気持ち」がわかると書いています。
     和田さんという人は、きっと終生「空を飛びたいたまごやきの気持ち」がわかる大人だったのでしょう。

    投稿日:2020/07/19

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「そらをとんだたまごやき」のみんなの声を見る

「そらをとんだたまごやき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / からすのパンやさん / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / どうぞのいす / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / はじめてのおつかい / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット