話題
あかちゃんごきげん しゃかしゃか

あかちゃんごきげん しゃかしゃか(くもん出版)

赤ちゃんがだいすきなラトルと絵本が合体した、はじめてのラトル絵本! プレゼントにぴったりです。

  • かわいい
  • ギフト
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

講談社青い鳥文庫 ムーミン谷の彗星(新装版)」 まことあつさんの声

講談社青い鳥文庫 ムーミン谷の彗星(新装版) 著者:トーベ・ヤンソン
翻訳:下村隆一
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\740+税
発行日:2014年02月15日
ISBN:9784062854054
評価スコア 3.5
評価ランキング 41,970
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 大人になって読むと

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    ムーミンパークに行く前に
    全部読んでから行きたいと思い、
    ネットでお薦めの読む順番を調べ、出版順に読んでいます。

    ムーミンってかわいいアニメやキャラクターのイメージがあり、
    学生の時に読んだときは
    この不気味な暗さが怖くて、いい印象がありませんでした。

    でも大人になって読むと、
    親の立場からよむせいか、
    世の中変な人や災害、犯罪も多い、
    見方を変えると不安な世の中で
    このムーミンの世界も変わらないな、
    その中でムーミンママやパパの大人の余裕がかっこよく、
    あまり慌てず、できることを寛大な姿勢でやっていきたいなと
    思わせてくれるから不思議ですね。

    また年代が変わると、読む感じも変わるかもしれませんが、
    あの不気味なイメージのままでムーミンを読み終わらず、
    読みなおすことで
    また新たなよいイメージをムーミンに持ててよかったです。

    投稿日:2019/07/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「講談社青い鳥文庫 ムーミン谷の彗星(新装版)」のみんなの声を見る

「講談社青い鳥文庫 ムーミン谷の彗星(新装版)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ストーブのふゆやすみ
    ストーブのふゆやすみの試し読みができます!
    ストーブのふゆやすみ
    作:村上 しいこ 絵:長谷川 義史 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    村上氏のテンポよい関西弁のお話を、長谷川氏のユーモア満載のイラストで描いた笑える一冊。


今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット