へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

オフェリアと影の一座」 にぎりすしさんの声

オフェリアと影の一座 文:ミヒャエル・エンデ
絵:フリードリヒ・ヘッヘルマン
訳:矢川 澄子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:1988年
ISBN:9784001106046
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,018
みんなの声 総数 8
「オフェリアと影の一座」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • このお話は、私の所属する、お話サークルのある方が、素話をされるのでたのしみにしています。

    絵本は 暗いイメージでオフェリアさんの生き方が、あまりにも謙虚で、優しく、縁の下の力持ちの生き方だな〜と感心しています。

    人にはそれぞれの、特徴がありそれぞれに与えられた生き方があるのかなと思いました。

    年老いて、時代が変わる、芝居は、すたれ映画やテレビに変わるのですが・・・

    やはり オフェリアさんを慕って影が次々に現れて、一座を開くのです。人々は、オフェリアの事を、頭がおかしいと
    噂するのですが・・・

    海辺に座るオフェリアさんの絵は、何とも言えない奥深さがあります。

    影たちもまたオフェリアが好きなんですね!

    本当に人間は好きなことを一生持ち続けて生きられたらどんなにか幸せでしょう・・オフェリアさんは私にそのことを教えてくれました。

    少々難しいお話です。
    絵も暗いですが・・・読む人の心をとらえるような絵本です。

    投稿日:2007/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「オフェリアと影の一座」のみんなの声を見る

「オフェリアと影の一座」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / 仕掛絵本図鑑 動物の見ている世界 / かしてあげたいな / おとうさん・パパ・おとうちゃん / もこ もこもこ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット