いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

ヒワとゾウガメ」 アダム&デヴさんの声

ヒワとゾウガメ 作:安東 みきえ
絵:ミロコ マチコ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年05月30日
ISBN:9784333026487
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,912
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く
  • 淡々とした文章運びの中に、重厚かつ繊細な表現がちりばめられていて、魅せられてしまいました。
    いくつめかの たいようが うみから うまれた あさのこと。″こんな表現に出会うと、読んでいてお話の中に連れ込まれてしまいます。

    さて、お話は、島に一頭しかいない気難しそうなゾウガメ。
    勿論亀ゆえに、おしゃべりもなくこともできない。
    そんなゾウガメの甲羅の上にとまっている一羽のヒワ。
    明るくおしゃべりで、人生を謳歌する若い女性のようにも思えます。

    このヒワの話によると、海の向こうにゾウという生き物がいて、その様子はゾウガメに似たところもあるようで、・・・・・・。
    ここで、一方的に話すヒワの言葉に、内心喜ぶゾウガメの心象風景を表す文章がまた素敵です。

    さて、ヒワは、「大丈夫。あたし確かめて来る。あんたは、大事な友だちだから、あたし頑張る」と旅立ちます。
    このヒワのストレートで素直な思いの吐露にも心動かされます。

    他の動物より長い年月を生きてきたゾウガメにとって、出会いは別れ(消失)と背中合わせで、命の儚さに大方失望していたので、ヒワが翌日から来なくなっても平気のようでしたが、・・・・・・。

    終盤、ゾウガメが胸の内で、ヒワに語った言葉がまた心の奥に響きます。
    この言葉が、ヒワに聞こえたというところで、涙がこみあげてしまいました。
    このような気持ちで、家族をはじめ出会う人たちと向き合い共に生きていきたいと改めて思いました。

    人生には、失ってから気づく尊いものがいかに多いことでしょう。
    取り返しのつかない事態にならなければ、気付けないことも多く、それもまた未完に造られた我々人間の宿命でしょうか。

    素晴らしい作品でした。
    6年生の卒業おめでとうおはなし会″の候補作品として今年度は推したいと思います。

    投稿日:2015/07/12

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ヒワとゾウガメ」のみんなの声を見る

「ヒワとゾウガメ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / こんとあき / アンガスとあひる / つんつくせんせいととんがりぼうし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット