話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん

ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん(くもん出版)

「うた」は幼児のことばの世界を広げるのに最適!

  • 役立つ
  • ギフト
  • ためしよみ

どこいったの?」 オナミーさんの声

どこいったの? 作・絵:加藤チャコ
出版社:福音館書店
税込価格:\0
発行日:2002
評価スコア 4
評価ランキング 25,202
みんなの声 総数 6
「どこいったの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 我が家の猫は、どこいった?

     猫とかくれんぼ(?)する絵本です。家のあちらこちらに隠れた猫を、主人公の子供が、探します。
     この猫の、芸達者なこと!ある時は籠の中に、ある時はぬいぐるみのふりをして、自分を探す子供の目を逃れます。
     我が家には猫がいたので、娘にとっては、とても身近な内容だったように思います。
     「どこいったのお?」と子供が泣き出してしまうところでは、娘も泣いてしまいます。「みーつけた」のところで、涙をためた目で、にっこりと笑います。
     娘は、家で飼っていた猫にごはんをあげるのが日課になっていました。猫は、病気で半身不随だったため、2階から降りてこられず、その猫のため、1歳すぎの娘は頑張って階段を上り、「にゃー、まんま」と、(食べきれないほど)餌をあげる・・・。その猫も、とうとう他界してしましました。
     「死」というものが理解できず、食事の時間になると、いつまでも猫の姿を探し、いないとわかると、そのたびに泣き、パパやママまで、その姿に泣いてしまう・・・ということが、1ヶ月くらい続きました。
     そんな娘がかわいそうで、私はこの絵本を読むことをためらっていたのですが、絵本の中だけでも、捜している猫に会えるのが嬉しいのか、娘は、よく、「よんで」と、この絵本を持ってきます。
     悲しい思い出になってしまったけれど、猫との触れ合いは、娘にとって、とてもすばらしいものだったと思います。ペットを飼っている方、特に猫を飼っている方には、本当にオススメの絵本です。家庭の中で、まるで友達のように遊ぶ猫と子供の姿が微笑ましくて、我が家にとっては、大切な、思い出の一冊です。

    投稿日:2006/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「どこいったの?」のみんなの声を見る

「どこいったの?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット