宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

あかいえのぐ」 なみ@えほんさんの声

あかいえのぐ 作:エドワード・アーディゾーニ
訳:津森 優子
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年05月01日
ISBN:9784907613013
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,071
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く
  • あるところに絵描きがいました。一部屋だけのアパートに、おくさんと三人の子どもたちと5人で住んでいました。絵は売れず、家計は火の車。でも、なんとかやりくりして、みんな仲良く暮らしていました。

    でも、とうとう、どうにもならない日がやってきました。食べるものにも困り、絵の具を買うお金もありません。「あかいえのぐ」があと一本あれば、傑作が完成し、絵を買ってくれる人がいるというのに・・・。

    今までにない危機を迎えた次の朝、思いがけない贈り物が届き、一家は窮地を脱出します。贈り物は、食べ物と「あかいえのぐ」!このことがきっかけで、絵描き一家にはうんがむいてきます。絵描きにはお金持ちのおじさんがいたのです。おじさんの会社を継いでほしいという願いを振り切ったため、絶縁状態になっていましたが、おじさんはこの家族のことが気になり、見守っていたのですね。

    貧しくとも、自らの心の願いに忠実に生きてきた絵描きの生き方は、アーディゾーニの描く他の絵本の主人公たち(船に乗るチムや時計を作るジョニー)が、好きなものに邁進していく様子を思い出させます。「自分の好きなことを大切にする生き方」というのは、アーディゾーニの子どもたちへの強いメッセージではないでしょうか。

    物語の最後の方で、絵描きは、絵がどんどん売れ、お金持ちになり、有名になり、田舎に別荘を持ち、大きな車で家族を別荘に連れていきます。「な-んだ、立身出世の物語になっちゃうの!?」とちょっとがっかりしかけましたが、次のページで、相変わらず一部屋のアパートで慎ましく暮らしている一家を見て、ちょっと安心しました。

    あ、もちろん5人家族なのですから、もう少し広い家に引っ越したらいいと思うのですよ。ただ、あまりに境遇が変わって、彼の生き方にブレがでないか一瞬、心配しただけです。余計なお世話ですよね(笑)。貧しい絵描き時代を支えたおくさん、子どもたちもとてもステキでした。

    投稿日:2014/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あかいえのぐ」のみんなの声を見る

「あかいえのぐ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / どうぞのいす

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット