宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

2ひきのいけないアリ」 たれ耳ウサギさんの声

2ひきのいけないアリ 作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ
訳:村上 春樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年
ISBN:9784751522714
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,633
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く
  • あぁ、触角がヘロヘロ

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子18歳、女の子16歳、女の子14歳

    どのクラスにもいそうな、いたずら好きでたまにクラスの規則を
    守れないタイプの2人組みたいなアリのお話。

    女王様に捧げるため、キラキラ光る甘いクリスタルを探しに出かけた
    その先で、そのクリスタルの誘惑に負け、隊とともに巣に戻る事を
    せず、居残ってしまった2匹のアリ。
    この2匹の体験する世にも恐ろしい人間社会。

    今まで読んだオールズバーグの写真と見紛う程の絵とは毛色が違い、
    直線・曲線をふんだんに使った、アリ目線のダイナミックな絵で、
    これが彼の作品?と当初ためらいました。
    が、読み込んでいくといやいや面白い。
    自分がアリになったらこう見えるのかと疑似体験できます。

    これでもかこれでもかと襲い来る来る危機をうまくすり抜けるアリたち
    に拍手喝采です。

    20センチ大に描かれた女王アリやコーヒーを飲む人間の顔は
    ものすごい迫力です。

    投稿日:2009/10/24

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「2ひきのいけないアリ」のみんなの声を見る

「2ひきのいけないアリ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット