話題
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数30万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ

ミイのおはなしえほん ちびのミイがやってきた!」 渡辺諦さんの声

ミイのおはなしえほん ちびのミイがやってきた! 原作:トーベ・ヤンソン
文・絵:リーナ&サミ・カーラ
訳:もりした けいこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年06月30日
ISBN:9784198638207
評価スコア 4.43
評価ランキング 10,357
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • モンスター母子

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    ムーミン屋敷に、どうしてミイが住むようになったのか。

    どうして夜中にミムラ婦人が娘たち17人を連れて、アポなしでやってきたのかが、まず謎だ。しかし、お客さんをもてなすのが大好きなムーミン一家(主にママ)は、喜んで迎え入れてしまう。17人の娘たちはやりたい放題。何も注意しないミムラ婦人。「じぶんのことはじぶんでできる」なんて言って、放置。
    そのまま3日3晩滞在。ありえないストレスに悩まされるムーミン一家が限界に来る直前に、ようやく帰ってもらえた。こんなことがあったというのに、ムーミン達とミムラ一家の関係はゆるがない。私なら出入り禁止にするが、それではムーミン谷という狭い村社会では、上手くやっていけないのかもしれない…

    あらんかぎりのイタズラは、子どもたちにとっては「自分でできることを、自分の力でやり遂げる」と前向きにとらえているミムラ婦人の教育方針に驚く。何かちょっとしたことでも、「ダメ」「あぶない」「いけません!」「やめなさい」などと、ガミガミ言われ、どんどん委縮していく子どもたちと、どっちが幸せなのか?
    もっとも、ガミガミ言ってもまったく聞く耳持たない子もいるし、何をやってもいいとしても何もやらない子もいる。
    ミムラ婦人の子どもたちは、きっと将来、どんどん自分のやりたいことをやって、やりたくない事はやらないで、悔いのない人生を満喫するのだろう。

    もっとも周りのおとなしい人たちにとっては大迷惑この上なく、モンスター親子扱い間違いなしだが、ムーミン村はそもそも変わった人ばかりなので、大丈夫なのだろう。いい時代と場所にうまれましたね、みなさん!

    投稿日:2019/08/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ミイのおはなしえほん ちびのミイがやってきた!」のみんなの声を見る

「ミイのおはなしえほん ちびのミイがやってきた!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット