なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

発達と障害を考える本(1) ふしぎだね!?自閉症のおともだち」 Pocketさんの声

発達と障害を考える本(1) ふしぎだね!?自閉症のおともだち 作・絵:内山登紀夫監修 / 安倍陽子編 / 諏訪利明編
出版社:ミネルヴァ書房
本体価格:\1,800+税
発行日:2006年03月03日
ISBN:9784623045525
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,878
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 自閉症のお友達の気持ちになってみよう

    仕事で発達障がいのお子さんと関わることがあるので、少しでも知りたいと考え、色々な本を読むように心がけています。

    頭ではわかっているのですが、やはり一言で発達障がいとは言っても、皆に当てはまることではなく、自閉症と診断されたお子さんだからと言って、同じ方法でパニックが回避されるといったわけではありません。

    そんな疑問や自分の知識不足にぴったりなのがこのシリーズです。
    他のシリーズと合わせて読みましたが、もともとは子ども向けにわかりやすく書かれたもので、オールカラーでとても見やすいです。そして5人の小学生のお友達の例に沿って自閉症児の気持ち、通常学級の子どもの気持ち、そして一番知りたかったどうすれば良いかという対策が参考になります。

    かけっこが好きだけど、他の運動は好きではない子に対して、かけっこが終われば通常の部屋に戻っても良いというルールや、友達のゼリーまで食べてしまうという行動を起こしてしまう子に対しては、お盆やランチョンマットで自分のものと分かるように明確にしてあげるなど・・
    当たり前にわかると信じているマナーなどのような曖昧なこともわかりにくいから、好きだから食べた!となってしまうのですね。
    興奮すると自分の腕をかんでしまう子に、噛んでは駄目だと伝えても興奮を抑えることは難しいです。噛んで良いものを渡す、リラックスの方法を伝えるなど・・

    最近では診断されていなくても、なんとなくグレーゾーンと言われるお子さんも多いです。
    このシリーズの本は、本当に勉強になります。
    自分が、まだまだ自閉症の子どもの気持ちに寄り添えていないことに気付ける一冊です。

    自分目線ではなく自閉症のお友達の気持ちになって、ものの見方を変えてみようと思える一冊です。

    投稿日:2017/06/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「発達と障害を考える本(1) ふしぎだね!?自閉症のおともだち」のみんなの声を見る

「発達と障害を考える本(1) ふしぎだね!?自閉症のおともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット