オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

おとうさんをまって」 金のりんごさんの声

おとうさんをまって 作:片山 令子
絵:スズキ コージ
出版社:福音館書店
本体価格:\800+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784834022988
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,706
みんなの声 総数 25
「おとうさんをまって」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • お父さんと子どもを繋ぐ汽車

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    作者は片山令子さんですが、スズキコージさんの絵と字体なので、どうもスズキコージ作品のような気がしてしまいます。なので、つい何か妙な展開になるのではなどと余計な詮索をしながら読んでしまいましたが、極めて真っ当なお話でした。

    遠くへ仕事に行くお父さんの乗る汽車を見送っている「ぼく」。そして、お父さんがいない間は、いつも、おもちゃ屋さんのウィンドーに飾ってある、お父さんの乗る汽車そっくりの汽車のジオラマを見に行きます。
    ウィンドーの中の風景が変わるのを見ては、お父さんに思いを馳せますが、ウィンドーの中の風景が何度も変わって、とうとうお父さんが帰ってくる日がやってきます。

    遠くへ出稼ぎに行くお父さんと、お父さんを想う子どもの姿を、重苦しくなく描いていて見事です。スズキコージさんの絵もどっしりと重厚で、この正統派のお話にとてもマッチしています。
    おもちゃの汽車が、お父さんと「ぼく」を繋ぐ拠り所のような役割を果たしていて、お店の中で走っている姿が、スポットライトを受けたみたいに輝いて見えます。
    15年も前に出版された本ですが、古臭さなどなく充分読み応えがあります。

    投稿日:2006/06/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おとうさんをまって」のみんなの声を見る

「おとうさんをまって」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / 旅の絵本1 中部ヨーロッパ編 / ほんとうだよ / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット